10月10日「ここが問題日米FTA−各党・議員に聞く」に是非参集を!

日米FTAについて、8月25日の日米首脳会談で、米国曰く「全て合意した」「中国が買わないトウモロコシを全て安倍首相が買ってくれる」「興奮している」、日本側曰く(合意ではなく)「意見の一致をみた」「方向性を共有した」「有難う」なる交渉が行われ、9月下旬のNYでの首脳会談での署名を目指して事務レベル協議が進められようとしています。

これまでの多国間貿易協定とちがい、ほとんど内容の説明もないまま合意署名、国会へと突入しかねません。そして常に前言を翻すトランプ氏による、既に公表されている22項目の「対日交渉目的」に込められたTPP越えの青天井の要求が続くことも否定できません。

「人々の運動」も中核となっている「TPPプラスを許さない!全国共同行動」では、次のような取り組みを呼び掛けることとしました。
是非参加をお願いするものです。今回は議員の皆さんには党を代表する立場での発言をお願いしています。

日時:19年10月10日(木)16時〜19時
会場:衆議院第1議員会館 大会議室(地下鉄:国会議事堂前、永田町から直ぐ)
     地図⇒ https://bb-building.net/tokyo/deta/459.html
各党代表・議員の発言を軸に、コメンテ−ター(鈴木宜弘さん)、コーディネ−ター(内田聖子さん)により進めます。
資料代:800円をお願いします。
呼びかけ:「TPPプラスを許さない!全国共同行動」
共同事務局:TPP阻止国民会議/フォーラム平和・人権・環境 /STOP TPP!!市民アクション

19.10.10FTA聞く (完).jpg

この記事へのコメント