≪「TPPに反対する人々の運動」連続講座第2回≫ご案内

 「すでにはじまっているTPP!その実態を撃つ」.TPP交渉は、たびたび「大筋合意」が見送られ、交渉はこのまま停滞するという見方もあります。しかし、TPPの合意・批准がなくても生活に直結した分野で実質的なTPP体制化が現実に進んでいます。その実態をTPPと絡めて明らかにし、それに対抗する運動を考えます。

《第2回》テーマ「食の安全はいま」
日 時 10月14日(火)午後6時30分~8時30分
場 所 連合会館5階501会議室(地下鉄「新御茶ノ水駅」・JR「御茶ノ水駅」)
   地図はこちら http://rengokaikan.jp/access/

お 話 安田節子さん(食政策センター・ビジョン21代表)
 TPP交渉では輸入食品の安全基準や食品表示ルールにもかかわる協定も取り上げ
られています。これらは、ひたすら食のグローバル化を進め、国の安全基準をないが
しろにしかねません。最近でも、マクドナルドの消費期限切れの鶏肉使用などが発覚
し、利益優先の食品企業やファストフードの問題点を象徴しています。
 一方、いま新たな食品表示の基準が決められようとしていますが、消費者の選択の
自由の保証はありません。さらに一般健康食品の機能性表示を認めようとする動きも
始まっています。長年、こうした問題を追ってきた安田節子さんから、こうした出来
事の背景にあるTPPと食の安全問題をお話しいただき、討論します。

参加費 各回800円/「TPPに反対する人々の運動」会員は各回500円

■お申込みは次のフォームからお願いします。
http://bit.ly/1rUXnLV

《今後の日程とテーマ》(場所は同じ、時間は第3回のみ午後3時~6時)
◆第3回 「TPPに対抗する「置賜自給圏構想」の動き」(11月29日、菅野芳
秀・山形・長井市、農民))

◆第4回 「日本から「ソウル宣言に応えて」」(12月18日、丸山茂樹・参加型
システム研究所客員研究員)

◆第5回 「NAFTAの国メキシコにTPPを探る」(1月20日、 加藤真希・日
本国際ボランティアセンタースタッフほか)