「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「民主主義・三権分立を蝕むTPPには反対!」全米130名の州議会議員が表明

<<   作成日時 : 2012/07/10 08:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

メイン州の州議会議員であり、CORE-TPP(世界各国の有識者やNGOらで結ばれるTPPネットワーク)のメンバ−でもあるシャロン・トゥリ−ト氏が以下の新聞発表をし、併せてUSTRのロン・カ−ク代表と主席交渉官のバ−バラ・ウィ−ゼル氏に送付した。彼女は日本農業新聞等のインタビュ−を受け掲載もされている。(翻訳:近藤康男)

☆ ★ ☆



2012年7月5日新聞向け発表


7月4日から参加各国高官による貿易交渉が始まるが、50州の州議会議員が警告:
もしTPPが民主主義を蝕み、企業による国外の法廷での米国の法に対する攻撃を許すものであるのなら、我々はそれに反対するものである。

サン・ディエゴで米国の交渉担当官が閉ざされた扉の向こうで交渉をする中、全米50州及びプエルト・リコの130名の州議会議員がUSTRの高官に宛てた書簡に署名をし、現在の取り組みを修正しなければ交渉に反対すると表明した。

州議会議員たちは、“交渉経過における透明性の欠如、及び州を拘束しさえするにも拘らず、貿易協定が与える州・地方の法律に対する広範囲な影響について意味ある形で州に助言を求めることをしないことは、大いなる懸念である”、と5日付の書簡に記している。

書簡は、取り分け“投資家対国家間”紛争処理システムに焦点を当てている。議論を呼んでいるこの仕組みは、個々の企業を協定加盟国と同等の地位 にまで押上げ、国外の法廷に当該国家を提訴することを通じて協定を強要することを認めるものである。議員たちの書簡は、ISDS条項は“非常に問題を含んでおり、また立法・行政・司法の決定を蝕み、また合衆国憲法で定められている連邦主義の体制を蝕むことが明らかである”と表明している。

“責任ある州法・連邦法は、公衆の保健や環境を守り、我々の金融システムの安定を維持し、あるいは労働条件が安全かつ健康的であることを担保する ために制定されており、政府はこれらを無効にするような貿易交渉をするべきではない”とメイン州の州下院議員シャロン・トゥリ−ト氏は述べた。 同氏はワシントン州の州上院議員マラリン・チェイス氏と共に書簡を作成し、全国の州議会議員に回付した本人である。

“この書簡は、主権を交渉により手放すことに反対をしており、米国政府に対する強い政治的な声明である”、とワシントン州の州上院議員マラリン・チェイス氏は述べた。“USTRの交渉担当官が民主主義、連邦制、そして三権分立という建国の原理を蝕もうとしているとの懸念で50州及びプエルト・リコの州議会議員が一致しているのであり、今こそ政府は対応を変えるべきである。”

“多くの貿易協定は単に差別関税防止ということを大きく越え、今や貿易当事国間の法や規則の“調和”を求めるものとなっている”、とトゥリ−ト議員は言う。“NAFTAや他の多くの貿易協定は、投資家対国家間紛争処理が、巨大企業により彼らにとって好ましくない州・連邦法制を蝕むために利用されていることを示している。そしてそのような法は、全く合憲的であり、差別的ではなく、公衆の保健と安全を守るために必要とされているものである”。

“州及び国のタバコの害の予防と公衆の保健対策を蝕む機会を、更に産業界に与えるのは重大な間違いである”と書簡署名者でもあるニュ−ヨ−ク 州議会保健委員会メンバ−のリチャ−ド・N・ゴットフィ−ルド氏は述べた。フィリップ・モ−リス社は現在、香港/豪州間貿易協定のISDS条項を使って、喫煙防止を意図した公衆保健法制である豪州の簡易包装煙草法に異議申し立てをしている。

“国際貿易協定は、他国の生活水準を改善させながら、世界中の環境・労働・人権の基準を向上できるように設計することが出来るはずである”、と ウィスコンシン州の州下院議員マ−ク・ポ−カン氏は書簡に署名するにあたって述べた。“我々の環境・労働者の権利・公的健康保険への加入を守る我が国の法律が好ましくない、という理由で外国企業による裁判の危険に晒されるような貿 易協定交渉を何故しなければならないのか、それは私の理解を超えている“。ポ−カン氏はウィスコンシン州議会の米国雇用確保条例の立案者で、その条例は州の行政機関が、海外に雇用を移転させるような企業との契約に州民の税を使うことを禁止するものである。

TPPは、世界に広がる包括的な国際協定になりつつある。米国とアジア太平洋8ヶ国の貿易交渉担当官は、今週から来週にかけてサン・ディエゴで協定をまとめようとしている。べトナム、ブルネイ、シンガポ−ル、マレ−シア、ニュ−ジ−ランド、オ−ストラリア、ペル−、チリである。この協定は将来他の太平洋地域の国々に広げられようとしている。メキシコとカナダは6月に公式に参加招請を受けた。また日本も参加意向を持っている。

州議会議員の書簡はUSTRのロン・カ−ク代表と主席交渉官のバ−バラ・ウィ−ゼル氏に本日送付された。この書簡は、特にTPPのISDS条項のように秘密の形での紛争処理条項に強く反対する、全米州議会議員協議会(1975年設立の非政府組織で州議会議員とそのスタッフは自動的にメンバ−となる)の政策方針を支持するものである。

MEDIA RELEASE
JULY 5, 2012
CONTACT:Maine Rep. Sharon Treat,207-242-8558, satreat@gmail.com
Washington Senator Maralyn Chase,360-786-7880,maralyn.chase@leg.wa.gov

As High-Profile Trade Talks Launch on July 4th Eve, Legislators from all 50 U.S. States Warn:We'll Oppose Trans-Pacific Partnership (TPP) if it Undermines Democracy, Allows Corporate Attacks on U.S. Laws Before Foreign Tribunals

Augusta, ME and Olympia, WA- While U.S. trade negotiators are meeting behind closed doors in San Diego, 130 state legislators from all 50 states and Puerto Rico have signed a letter to President Obama's senior trade official warning that they will oppose the deal unless the administration alters its current approach.

"The lack of transparency of the treaty negotiation process, and the failure of negotiators to meaningfully consult with states on the far-reaching impact of trade agreements on state and local laws, even when binding on our states, is of grave concern to us," the legislators write in their July 5 letter.

The letter focuses particularly on the "investor-state" dispute settlement system. This controversial scheme elevates individual companies to the status of signatory countries in allowing them to privately enforce the proposed agreement by suing signatory governments before foreign tribunals. The legislators' letter states that the
investor-state provision "has proven to be extremely problematic, undermining legislative, administrative, and judicial decisions, and threatening the system of federalism established in the U.S. Constitution."

"The U.S. government should not be negotiating trade deals that undercut responsible state and federal laws enacted to protect public health and the environment, preserve the stability of our financial system, or make sure working conditions are safe and healthy," said Maine State Representative Sharon Treat, who drafted the letter with Washington State Senator Maralyn Chase and circulated it among legislators nationally.

"The letter is a strong political statement to the U.S. government opposing negotiating away our sovereignty", said Washington State Senator Maralyn Chase. "When legislators from all 50 states and Puerto Rico are united in their concern about U.S. trade officials undermining our nation's founding principles of democracy, federalism and checks and balance, its time for the administration to change its approach."

"Trade agreements now extend well beyond simply preventing discriminatory tariffs, and instead seek to "harmonize" laws and regulations among trading partners," said Rep. Treat. "Our experience with NAFTA and other trade deals shows that investor-state dispute settlement is used by large corporations to undermine state and federal laws they don't like-- laws that are fully constitutional, that do not discriminate, and that are needed to protect public health and safety."

"Providing even more opportunities for the industry to undermine state and national tobacco prevention and public health measures would be a big mistake," said Assembly Member Richard N. Gottfried, chair of the NY State Assembly Health Committee, a signer of the letter. Philip Morris is currently using the investor-state clause of the Hong Kong-Australia trade agreement to challenge Australia's plain packaging cigarette law, a public health measure intended to discourage smoking.

"International trade agreements can be designed to lift environmental, labor and human rights standards across the globe, improving living conditions abroad," said Wisconsin State Representative Mark Pocan in his statement on signing the letter.
"Why we would negotiate a trade deal that would expose ourselves to lawsuits by foreign corporations because they don't like our laws that protect the environment, workers' rights and access to health care is beyond me." Rep. Pocan is the author of the American Jobs Act in the Wisconsin State Assembly, which prohibits state government agencies from spending Wisconsin taxpayer dollars to contract with companies that will ship those jobs overseas.

The Trans-Pacific Partnership is becoming an expansive international treaty with global reach. Trade negotiators from the United States and eight other Pacific Rim countries are finalizing provisions of the agreement in San Diego this week and next. The negotiations currently include Vietnam, Brunei Darussalam, Singapore, Malaysia, New Zealand, Australia, Peru and Chile. The agreement is intended to expand to other Pacific Rim countries in the future. Mexico and Canada were formally invited to join in June, and Japan has announced its intention to participate.

The state legislators' letter was sent to the United States Trade Representative Ron Kirk and lead TPP negotiator Barbara Weisel today. The letter specifically endorses the current National Conference of State Legislatures (NCSL) policy that strongly opposes these private dispute settlement clauses like the investor state system in the TPP.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「民主主義・三権分立を蝕むTPPには反対!」全米130名の州議会議員が表明 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる