「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外情報】米議会が「バイ・アメリカン」を禁ずるオバマ案に反旗

<<   作成日時 : 2012/05/22 20:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

配信元のハフィントン・ポストは米国で2005年に開始されたオンライン・ニュースサイトである。コラムニストのアリアナ・ハフィントンが設立し、編集長を務める。基本的には各種ニュースメディアやブログなどが配信している記事をピックアップして紹介する形態のメディアである。多くの著名人が寄稿している点、twitter、Facebookなどのソーシャルメディアと連携している点も特徴である。 (翻訳:戸田光子、清水亮子)

☆ ★ ☆


米議会が「バイ・アメリカン」を禁ずるオバマ案に反旗
Congress Revolts On Obama Plan That Would Ban 'Buy American'
http://www.huffingtonpost.com/zach-carter

(2012年5月3日午後4時18分掲載、同日午後11時29分更新)
Posted: 05/ 3/2012 4:18 pm Updated: 05/ 3/2012 11:29 pm

現在交渉中の通商協定には「バイ・アメリカン」条項*を禁止し、アメリカの製造業にしわ寄せをもたらす可能性のある文言が含まれている。
(*「バイ・アメリカン」条項とは景気対策法案の一つ。法案の中には米国製品の購入をこの法で資金提供または事業遂行が可能となる公共施設などの建設、改築、保守整備、修復などの公共事業には、米国産の鉄、鋼鉄、工業製品を使用しなければならないと定めるものがある)
A trade agreement currently under negotiation contains language that could potentially ban "Buy American" provisions, crimping American manufacturing.

ワシントン――木曜日、下院の民主党議員68名と共和党議員1名からなるグループがバラク・オバマ大統領に書簡を送り、政府によって現在交渉が進められている自由貿易協定の中の、問題を生じさせそうなある部分について再考するよう促した。現状のままで承認されれば、この協定は政府契約の際の「バイ・アメリカン」政策を実質的に禁止することになるだろう。
WASHINGTON -- A group of 68 House Democrats and one Republican sent a letter to President Barack Obama on Thursday urging him to reconsider an element of the controversial free trade agreement currently being negotiated by the administration. If approved in its current form, the pact would effectively ban "Buy American" policies in government contracting.

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)として知られるこの協定は、アメリカではメディアの注目もほとんど受けていないにもかかわらず、消費者団体や環境活動家たちによる国際的な抵抗に火を付けてしまっている。彼らは、オバマ政権が要求している条件によって重要な公的保護政策が撤廃されてしまうのではないかと懸念しているのである。しかし、米国内でこの協定が政治的緊張を生んだ一番の根拠は、「バイ・アメリカン」条項を禁止しかねない部分、つまり、アメリカの雇用にしわ寄せをもたらすと反対者が強調する制約にあるのである。
Although the deal, known as the Trans-Pacific Partnership, has received relatively little media attention in the United States, it has sparked international friction among consumer groups and environmental activists who worry that terms demanded by the Obama administration will eliminate important public protections. Domestically, however, the deal's primary source of political tension is from a portion that could ban "Buy American" provisions -- a restriction that opponents emphasize would crimp U.S. jobs.

1930年代以降、アメリカ政府は、連邦政府との契約をアメリカの生産者に対して与える形で優遇してきた。国内の生産者が外国の生産者より高額の応札をしても、状況次第では国内の生産者がその契約を取ることが出来るのである。しかし、最近の自由貿易協定は、次第に外国の企業にも国内の企業と同じ交渉上の地位を認めてきている。(大統領に宛てた)木曜日の書簡によれば、オバマ政権は、現在TPP交渉に加わっている数ヶ国に、同じ特権的地位を認めることを推し進めているとのことである。
Since the 1930s, the American government has offered preferential treatment to American producers in the awarding of federal contracts. If a domestic producer offers the government a more expensive bid than a foreign producer, it can still be awarded the contract under certain circumstances, but more recent free trade agreements have granted other nations the same negotiating status as domestic firms. The Obama administration is currently pushing to grant the several nations involved in the Trans-Pacific deal the same privileged status, according to the Thursday letter.

「我々は、このやり方がアメリカの製造業やアメリカの労働者にとって最大の利益をもたらすとは思わない」と書簡で述べている。「取り分け懸念されるのは、TPP加盟国で設立された企業、たとえばベトナムにある多くの中国企業が、バイ・アメリカン政策の適用除外を受けることもありうると予想されることである。この結果、アメリカの多額の税金が、自国のではなく、他国の製造業部門を強化するために投資されることになりかねないのである。」とある。
"We do not believe this approach is in the best interests of U.S. manufacturers and U.S. workers," the letter reads. "Of special concern is the prospect that firms established in TPP countries, such as the many Chinese firms in Vietnam, could obtain waivers from Buy American policies. This could result in large sums of U.S. tax dollars being invested to strengthen other countries' manufacturing sectors, rather than our own."

議員グル−プから政府に送られたこの書簡は、通常は明らかにされることのない通商交渉の過程の内側を珍しく垣間見せてくれている。自由貿易交渉の条項は、TPPも含め、公表を差し控えられている。(withheld from the public) ,ただ、それでも関係各国の政府は入手可能である。多くの米国の大企業も、通商交渉を担当するホワイトハウス直属の機関である米通商代表部の諮問委員会の地位を通して、交渉の草案を入手することが出来るのである。
The letter from members of Congress to the administration marks a rare glimpse inside the typically secretive trade negotiation process. The terms of the free trade negotiations, including the Trans-Pacific pact, are withheld from the public , even though the governments of all the countries involved have access to them. Many major U.S. corporations have access to the draft negotiation texts through their positions on advisory boards to the Office of the U.S. Trade Representative, the White House agency which negotiates trade deals.

「バイ・アメリカン」条項は、米国の全ての企業を等しく支援するわけではない。米国に本社を置き製造工程のほとんどを海外移転している企業は、実際に製造工程をアメリカ国内に持つ企業が利益を受けるような、国内生産を促進するために考えられたこの仕組みからは利益を得ることはできない。
"Buy American" provisions do not help all U.S. firms equally. Corporations headquartered in the U.S. that offshore most of their manufacturing operations do not benefit from the system designed to promote domestic production in the way that companies with actual U.S. manufacturing operations do.

公共の利益に関心を寄せる団体はまた、バイ・アメリカン条項の優遇措置を禁止し得る同様の通商政策によって、米国政府が連邦契約の中で環境や公衆衛生に関する規定を策定するのを妨げられるのではないかと懸念している。米国製品の優遇を禁止している現在の文言は非常に幅広く、物品に関する政府仕様書を純粋に機能面にしか限定していない。たとえば、政府は、紙の契約をする場合、8.5インチ×11インチのサイズの紙を買いたいと指定することはできる――が、その紙がリサイクル素材で出来ていることとか、非毒性の染料のものであることなどを要求することはできないのである。
Public interest groups also worry that the same trade policies that could ban Buy American breaks will also prevent the U.S. government from making environmental or public health stipulations in federal contracts. The current language barring preferential treatment for American goods is so broad as to limit government specifications on goods to purely functional aspects. When contracting for paper, for instance, the government could specify that it wants to buy paper of the dimensions 8.5" by 11" -- but it could not require that the paper be composed of recycled materials or use non-toxic dye.

また「バイ・アメリカン」条項の禁止がなされた場合には、オバマの再選キャンペーンの最優先課題である、米国の製造業の促進とも抵触することとなる。2月に政府は、国内の製造業者に優遇措置を与えるため、石油ガス会社によって不当に利用されてきた課税の抜け道を塞ぐことを提案した。しかし、通商協定に合意する見通しが非常に強いのにもかかわらず、この税に関する案が選挙の年に弾みをつけると見られているわけではない。昨年、議会は、ジョージ・W・ブッシュが最初に交渉し、オバマが支持を決断した3つの自由貿易協定を承認している。
The potential "Buy American" ban also conflicts with a top theme of Obama's re-election campaign -- boosting U.S. manufacturing. In February, the administration proposed fixing a tax loophole that has been exploited by oil and gas companies in order to provide breaks to domestic manufacturers. The tax proposal is not expected to gain any traction during an election year, however, although prospects for the trade agreement are much stronger. Last year, Congress approved three free trade deals initially negotiated by President George W. Bush that Obama had decided to support.

ホワイトハウスからのコメントはすぐには得られなかった。 米通商代表部のキャロル・ガスリー報道官は当ハフポストに対し、政府が求めているのは“公正で、透明で、予測可能で、非差別的な”契約規則であると語った。 また「米国が政府調達をTPPの適用対象とする狙いは、米国の物品、サービス、そして供給業者に新たな市場機会を提供することである。」と述べた。
The White House was not immediately available for comment. USTR spokeswoman Carol Guthrie told HuffPost that the administration is seeking "fair, transparent, predictable and non-discriminatory" contracting rules. "The U.S. aim in covering government procurement under the TPP is to provide new market opportunities for U.S. goods, services, and suppliers," Guthrie said.

オバマ大統領への書簡の全文はこちら。
Read the full letter to Obama here .

http://big.assets.huffingtonpost.com/BuyAmericanTPPLtrtoAdmin.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【海外情報】米議会が「バイ・アメリカン」を禁ずるオバマ案に反旗 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる