「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【新刊情報】TPPと日本の論点

<<   作成日時 : 2011/05/04 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

TPPと日本の論点(農文協ブックレット)


TPP反対の大義」に続く第2弾。今回は農業だけでなく政治、経済、財政、金融、地方自治、労働規制緩和、食、医療(保険)、生物多様性、環境などTPPがもたらす数多くの問題に焦点をあてます。主な著者は山口二郎氏、孫崎享氏、安田節子氏、廣井良典氏など。

(以下、農文協トHPより)

■Part.1 政治、経済、財政、金融、地方自治
山口二郎(北大)●色あせた「国民の生活が第一」をいかに立て直すか
松原隆一郎(東大)●国際競争力より内需創造力
中野剛志(京大)●誠実な経済学者であるならば、TPPに反対しなければならない 
三橋貴明(作家、中小企業診断士)●TPPより急務は国債増発による内需拡大、デフレ脱却だ
岡田知弘(京大)●地方自治を破壊する大阪都・中京都構想・道州制論
高端正幸(新潟県立大)●TPP、地域社会の未来、そして地方自治体の役割
孫崎享(元外務省・防衛大)●経済を核にした東アジアの複合的協力関係づくりこそ日本の安全保障政策
菊池英博(日本金融財政研)●TPPは日本国民の金融資産の簒奪をねらうアメリカ仕立てのトロイの木馬だ
東谷 暁 (ジャーナリスト)●郵政民営化とTPPは同根だ
関岡英之(ノンフィクション作家)●危険、野蛮この上ないTPP「投資」協定

■Part.2 医療、食、労働、地域、環境
二木 立(日本福祉大)●TPPと日本の医療
日本医師会●日本医師会もTPPに懸念を声明
安田節子(食政策センタービジョン21)●安全、安心な食とTPPは真っ向から対立する
高橋伸彰(立命館大学教授)●TPPより地球の掟
関岡英之(ノンフィクション作家)●労働の尊厳を壊すTPP
鷲谷いづみ(東大)●生物多様性と生態系サービスの損失を加速するTPP
広井良典(千葉大)●グローバル化の先にあるローカル化

■Part.3 農業、農村  
野田公夫(京大)●「強い農業」とは対抗論理の欠落である
田代洋一(大妻女子大)●日本農業のネックは農地法なのか?
太田原高昭(北大名誉教授)●『農協の大罪』の大罪
高谷好一(聖泉大学)●TPPの先輩=プランテーション農業という犯罪に押し潰された東南アジア農村社会
原洋之介(政策研究大学院大)●歴史と地域社会に学ぶ農政への抜本転換を
解説(詳細)

政治、経済、財政、金融、地方自治、労働規制緩和、食、医療(保険)、生物多様性、環境などTPPがもたらす数多くの問題を徹底分析。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【新刊情報】TPPと日本の論点 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる