TPPから見える風景-合意に値しない合意と協定に値しない協定-

TPPに反対する人々の運動 近藤康男 日米経済対話、FFR、日米貿易交渉と、迷走の結果の日米FTA  主要な通商協定であるTPP、CPTPP、日EU・EPAなどは、大筋合意以降合意署名迄に、4ヶ月から7ヶ月程度掛けている。しかし、日米貿易協定では8月23日に閣僚級協議大枠合意、9月25日に首脳間での確認がされたのち、10月7日…
コメント:0

続きを読むread more

日米共同声明及び日米貿易協定(デジタル貿易含む)についての分析

9月25日に公表された日米共同声明で、トランプ大統領は、「米国産品にとって70億ドルの市場が開かれる」と意義を強調、安部首相は「双方のウィンウィンの解決策になる」と応じた。ライトハイザ-通商代表は20年1月にも発効するとの見通しを示した。さらに発効後4ヶ月以内に新たな貿易交渉の対象範囲を決める。日本は自動車など継続協議の品目を対象とする…
コメント:0

続きを読むread more