【講師変更/連続講座】6月11日18:30~「雇用・労働ルールの改悪の動きとTPP」

2014連続講座第3回目「雇用・労働ルールの改悪の動きとTPP」

 TPPが労働に与える影響はほとんど報道、議論されていません。しかし、投資の自由、投資家保護の枠組みは雇用・労働に影響を与えずにはおきません。「人が動く」をスローガンにした安倍内閣の雇用改革は、「労働者派遣法」の改悪や「残業代ゼロ」の労働時間制度等となって、労働者が長年に渡って闘い獲得してきた権利を次々と剥奪しようとしています。
ジャーナリストとして、経済、金融、労働の問題を追ってきた北健一さんから、こうした雇用ルールの大転換と投資家天国を作るTPPなどの動きの関連・問題点をお話しいただき、討論します。

【日 時】
6月11日(水)18:30~20:30

【場 所】
連合会館(旧総評会館)5階501会議室
(地下鉄「新御茶ノ水駅」・JR「御茶ノ水駅」下車)
地図はこちら http://rengokaikan.jp/access/

【講 師】※講師が変更になりました
北健一さん(ジャーナリスト)
ジャーナリスト。経済、金融、労働について取材し、月刊誌などに執筆。『労働情報』の編集にも協力。著書に『高利金融』(旬報社)、『その印鑑、押してはいけない!』(朝日新聞社)など、共著に『アメリカの日本改造計画』(イーストプレス)、『委託・請負で働く人のトラブル対処法』(東洋経済新報社)ほか。

【参加費】
各回800円/会員:各回500円

【申込方法】
以下のアドレスから申込できます
http://bit.ly/1lxDlmq