5.11「世界フェアトレード・デーに考える 未来を生きるために知っておきたいTPPのこと」開催

TPPに反対する人びとが共催する「世界フェアトレード・デーに考える 未来を生きるために知っておきたいTPPのこと」が5月11日、渋谷のアップリンクで開催されます。

この日、5月第2土曜日は、世界フェアトレード・デー。TPPに反対する人々の運動とも関わりのある団体とともに、『世界が食べられなくなる日』(6月8日公開)の先行上映会+トークイベントを企画しました。

企画に関わっている団体・個人は、グローバリゼーションに対向する「ローカリゼーション」や、生産者・作り手との顔の見える関係を重視した「フェアトレード」に取り組んできた方々ばかり。「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)で、私たちの暮らしはどうなるのか?」「世界の環境問題や人権状況にどんな影響が出てくるのか?」を一緒に考えます。

日時:5月11日(土)18:30開場 / 19:00上映開始(上映終了後にトーク)
料金:1,500円
会場:アップリンク FACTORY(1F)
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18
共催:オルター・トレード・ジャパンぐらするーつスローウォーターカフェAPLA、TPPに反対する人々の運動、UPLINK
イベント詳細:http://www.uplink.co.jp/event/2013/10931


* * イベント概要 * *


トーク:「フェアトレードの現場からTPPを考える」
・鈴木隆二さん(ぐらするーつ代表)
・吉澤真満子さん(NPO法人APLA事務局長)
・鶴見済さん(フリーライター /『脱資本主義宣言』著者)

上映作品:世界が食べられなくなる日
監督: ジャン=ポール・ジョー
配給:アップリンク
映画の公式HPはこちら http://www.uplink.co.jp/sekatabe/

【予告編】