【新刊情報】日本の構造「改革」とTPP―ワシントン発の経済「改革」

画像

日本の構造「改革」とTPP―ワシントン発の経済「改革」


突如浮上したかに見える環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)。背景にはアメリカ政府と日本の財界の思惑があった。米国言いなりの経済政策の歴史をえぐりながら、日本の農業と経済を危機に陥れるTPPとその背景を深く解明。新自由主義「改革」の行方を告発した好評の旧版をバージョンアップ、今こそ読みたい一冊!(新日本出版社HPより)

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章
・新自由主義というものの始まり(レーガン政権と新自由主義
・中曽根政権のしたこと
・日米貿易摩擦と米国の対日要求)
第2章
・日本経済「改造」計画とその具体化(クリントン政権の誕生と国際経済政策
・「日米包括経済協議」と「年次改革要望書」
・橋本「改革」は何であったのか)
第3章
・ブッシュ政権下の米国経済が示すもの(ブッシュ政権の誕生と9・11同時多発テロの発生
・不正経理・粉飾決算と米国型金融システム
・イラク戦争とブッシュ政権
・ブッシュ政権の経済政策とは何であったのか)
第4章
・小泉内閣と「小さな政府」(不良債権処理と米国の思惑
・郵政民営化にかけた小泉首相
・財政構造「改革」は成功したのか)
第5章
・世界経済危機と日米の経済政策(オバマ政権の誕生とその経済政策
・なぜオバマ政権はTPPを推し進めるのか
・日本の政権交代と経済政策)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
萩原伸次郎(ハギワラシンジロウ)
1947年、京都市生まれ。1976年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学。1978年横浜国立大学経済学部助教授。1989年横浜国立大学経済学部教授。1990年-1991年米国マサチューセッツ大学経済学部客員研究員。2000年-2002年横浜国立大学経済学部長。現在、横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この記事へのコメント