「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外情報】7年を経て署名されたマレーシア・オーストラリア自由貿易協定(パトリシア・ラナルド博士)

<<   作成日時 : 2012/06/06 19:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

TPPについて、韓米自由貿易協定(FTA)の問題点が報道されています。しかし、TPP9カ国間内の二カ国間協定について、その他のものは日本ではなかなか報道されていません。今回はマレーシアとオーストラリアの事例を翻訳グループがキャッチし翻訳しました。(翻訳:堀内 葵、大谷 一平)

★ ☆ ★


7年を経て署名されたマレーシア・オーストラリア自由貿易協定
Malaysia-Australia Free Trade Agreement signed after seven years

パトリシア・ラナルド博士(Australian Fair Trade and Investment Network)
Dr Patricia Ranald, AFTINET


これは、「AFTINET速報」のためになされた、協定の主要部分の短い、非技術的な概要である。マレーシア・オーストラリア自由貿易協定(MAFTA)は、5月22日に両国の貿易担当大臣によって調印され、2005年に始まった交渉が締結された。オーストラリア政府によれば、この協定の目的は、マレーシアも参加しているオーストラリア・ニュージーランド・ASEAN自由貿易協定に含まれるものに比べ、より速やかな関税低減とオ−ストラリア産品のより強力な市場アクセスの確保にあるとのことである。もちろん、オーストラリアと マレーシアは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に参加しており、米国、ニュージーランド、その他6カ国も参加している。もしTPPが締結 されれば、オーストラリアはマレーシアとそれぞれ異なる三つの独立した貿易協定を持つことになる。このことは、貿易を容易にするという目的に矛盾するかのようだ。

This is a short, non-technical summary of the main features of theagreement done for the AFTINET Bulletin. The Malaysia-Australia FreeTrade Agreement (MAFTA) was signed on May 22 by both countries’ tradeministers, completing negotiations which began in 2005. According to theAustralian government, the purpose of the agreement is to have fastertariff reductions and greater market access for Australian goods thanare contained in the Australia-New Zealand-ASEAN free trade agreement,of which Malaysia is also a member. And of course, Australia andMalaysia are also involved in the Trans-Pacific Partnership (TPP)negotiations, which include the US, New Zealand, Malaysia and six othercountries. If the TPP is completed, Australia will have three separatetrade agreements with Malaysia, each with different conditions, whichseems to contradict the stated aim of making trade easier.

なぜ、7年も経って突然急いでこれらの交渉を締結するのだろうか?今年中にTPPは締結されないかもしれない、という徴候であると推測できるだろう。また、関税障壁を皆無にしたいという強いイデオロギー的傾倒を持ったオーストラリア政府は、オーストラリア・ニュージーランド・ASEAN自 由貿易協定で達成されたものよりも早い関税削減という結果を得たいのだ、と推測できる。この協定は2013年1月1日に発効する。

So why the sudden hurry to complete these negotiations after sevenyears? We can speculate that it is a sign that the TPP may not becompleted this year, and that the Australian government, in keeping withits strong ideological commitment to zero trade barriers, wants to havesome results on the board which give faster tariff reductions than thoseachieved in the ANZ-ASEAN FTA. The agreement is expected to beimplemented from January 1, 2013.

オーストラリアは、発効日からすべてのマレーシア産品に無関税のアクセスを提供することに合意した。そして、マレーシアは、いくつかの製品には即時に関税なしでのアクセスを与え、2020年までに全製品の99%に同様の措置を採る。オーストラリア産業界にとっての主要な利点は、オーストラ リア車の部品と大型車が、発効日より、マレーシアへ関税なしでアクセスできることである。民間による教育、情報通信、保険に対する投資規制も緩和 されるかまたは取り除かれる。これらの措置は、貿易と投資への障壁をなくそうというイデオロギーを反映しており、企業の利益に適っている。しかし、地域の雇用や、公共の利益のために政府がサービスを規制できる能力については悪影響を与える。この協定において見逃すことができない点は、昨年12月のオーストラリア労働党の貿易政策では、貿易協定に強制力のある労働権と環境基準を盛り込もことを約束しているにも関わらず、労働と環境に関する章が欠如していることである。本協定の附属文書では、双方の政府は、労働と環境については、TPP交渉から出てくる内容を実施するとしているが、これは必ずしも実現しないかもしれないのだ。ACTU(Australian Council of Trade Unions)は、政府が政策を実行しなかったことを強く非難している。
<http://www.actu.org.au/Media/Mediareleases/WorkersrightsaglaringomissionfromnewAustraliaMalaysiafreetradeagreement.aspx>

Australia has agreed to give tariff-free access to all Malaysians goodsfrom the implementation date, and Malaysia will give immediate tarifffree access for some products, and for 99% of all goods by 2020. Themain advantage for Australian industry is that Australian car parts andlarge cars will have tariff-free access to Malaysia from theimplementation date. Restrictions on investment in private education,telecoms and insurance have also been reduced or removed. These measuresreflect the ideology of zero trade and investment barriers which servescorporate interests, but can have negative effects on local employmentand governments’ ability to regulate services in the public interest.The most glaring omission from the agreement is the lack of labour andenvironment chapters, despite the fact that Australian Labor Party tradepolicy in December last year contained commitments to includeenforceable labour rights and environmental standards in tradeagreements. Side letters to the agreement state that the two governmentswill implement what emerges on labour and environment in the TPPnegotiations, but this may not happen. The ACTU has condemned thisfailure to implement the government’s policy
<http://www.actu.org.au/Media/Mediareleases/WorkersrightsaglaringomissionfromnewAustraliaMalaysiafreetradeagreement.aspx>


しかしながら、この協定のいくつかの側面は、新自由主義的な貿易協定の最悪の特徴を持っていないという点で、より前向きではある。重要なことは、 オーストラリア政府が、外国の投資家が損害を被ったとして政府を訴える権利を与えることはしないという政策を維持していることである。そのため、 協定にはISD(投資家対国家間紛争)プロセスは含まれていない。これは、私たちのTPPキャンペーンにおいて有効活用できる肯定的な事例である。

However, some aspects of the agreement are more positive, in that theydo not have some of the worst features of the neoliberal models of tradeagreements. Importantly, the Australian government has kept to itspolicy of not giving international investors the right to suegovernments for damages, so there is no investor-state dispute processin the agreement. This is a positive example which can be used in ourcampaign on the TPP.

サービスの章では、ポジティブ・リスト方式が採用されている。これは、それぞれの政府が盛り込もうとするサービスのみを含有する、というものであ り、除外するもの以外は全て盛り込むネガティブ・リスト方式ではない。政府調達は協定から除外されている。知的財産権の章は、米国がTPPで提案 しているような極端な措置はもちろん、米豪自由貿易協定に含まれる、医薬品の特許権を拡大する有害な条項は含まれていない。しかしながら、この協 定は著作権に関するより強力な条項や、刑罰を含むより強制力のある、著作権や知的所有権保護の一般的な手段を含んでいる。

The services chapter uses a positive list approach, which means itincludes only those services which each government intends to include,rather than a negative list which includes everything unless excluded.Government procurement is excluded from the agreement. The intellectualproperty chapter does not contain the harmful provisions to extendpatent rights on pharmaceuticals which are in the US-Australia freetrade agreement, let alone the extreme measures which the US hasproposed in the TPP. However, the agreement does contain strongerprovisions on copyright and stronger measures for enforcement ofcopyright and intellectual property rights more generally, includingcriminal penalties.

全体として、MAFTAは労働者の基本的な保護もなく、ゼロ関税へと突き進んでいる。私たちは、このことが賃金や労働条件の底辺への競争を推進す るものであることを知っている。これは私たちの地域において、いくつかの協定が分かりにくく、互いに重なる“麺が絡み合った”状況を、より進める ことにもなるだろう。しかしながら、この協定が投資家の権利や知的所有権に関する最も極端な手段を内包していないことは、私たちの反TPPキャン ペーンの有用な事例となるだろう。

Overall, the MAFTA pursues a course towards zero tariffs without basicprotections for workers’ rights, which we know will encourage a race tothe bottom on wages and conditions. It also contributes to the “noodlebowl” of confusing overlapping agreements in our region. However, thefact that it does not include some of the most extreme measures oninvestor rights and intellectual property rights provides some usefulexamples for our campaign against them in the TPP.

全ての貿易協定と同様に、協定文書は二つの政府が署名した後にのみ公開された。その文書は下記で入手できる。<http://www.dfat.gov.au/fta/mafta/index.html>今後、この協定文書は条約に関する共同常任委員会にて審議されるが、議会は条約文書を議論するのではなく、その実施に当たって必要な法整備のみを 行なう。私たちは、貿易協定が署名される前に文書が公開されることを改めて求める。この呼びかけは、以上のプロセスに対し不満を持つジャーナリス トなどその他の人々によって繰り返しなされている。「ブリスベン・タイムス」と「Crikey」に掲載された記事を参照のこと。
<http://www.brisbanetimes.com.au/business/in-the-dark-on-trade-deal-20120521-1z19u.html#ixzz1ve4TdeXA>
<http://www.crikey.com.au/2012/05/23/trade-treaty-secrecy-does-anyone-benefit/>

Like all trade agreements, the text was only released after it wassigned by the two governments. The text is available at <http://www.dfat.gov.au/fta/mafta/index.html>
It will now go to thejoint Standing Committee on Treaties, but Parliament does not debate thetreaty text, only any legislation which is required to implement it. Werepeat our call for the text of trade agreements to be released publiclybefore they are signed. This call is increasingly being made byjournalists and others frustrated with the process. See articles in theBrisbane Times and Crikey.
<http://www.brisbanetimes.com.au/business/in-the-dark-on-trade-deal-20120521-1z19u.html#ixzz1ve4TdeXA><http://www.crikey.com.au/2012/05/23/trade-treaty-secrecy-does-anyone-benefit/>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【海外情報】7年を経て署名されたマレーシア・オーストラリア自由貿易協定(パトリシア・ラナルド博士) 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる