「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP投資条項に関するリーク文書を米国パブリックシチズンが分析!(その3)

<<   作成日時 : 2012/06/22 01:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0


<その2>
に引き続き、リーク文書の分析をお届けします。(翻訳:田所 剛、田中久雄 監修:廣内かおり)

☆ ★ ☆

●国内外の企業に平等に適用する国内政策は、投資家のTPPの権利を侵害する可能性がある。TPP文書は、たとえ、その法律が表面上は中立的で、立法者が外国投資家に損害を与える意図がない場合でも、外国投資家自身のビジネス・モデルが原因で、その外国企業が法律遵守によりやや負担が増える可能性があれば、政府の行為(たとえば、新たな環境法の制定)が「内国民待遇」や「最恵国待遇」のルールに違反していると、投資家が訴えることを認めることになる。(12.4及び12.5条)。
●Domestic policies that apply equally to domestic and foreign firms can violate investors’ TPP rights. The TPP text would allow investors to claim that government actions (such as new environmental laws) violate “national treatment” or “most favored nation” rules, even when the laws are facially neutral and lawmakers did not intend to harm foreign investors . if, because of a foreign investor’s own business model, the foreign firm might end up experiencing a slightly higher burden in complying with the law (Article 12.4 and 12.5).

●環境、健康、労働そして消費者の保護政策を守るための一般的な例外が存在しない。通商協定(米国との二国間協定ではないが)のなかには、国家が環境、労働、消費者の保護を推進している場合、いわゆる「一般的例外」により、協定の実質的義務からの逸脱を許容しているものがある。漏えい資料では、そのようなセーフガードは含まれていないことが明らかになった。代わりに、上記に述べたような、最近の米国の協定に含まれていた収用に関する標準付属書類が含まれている。これには「公衆衛生、安全、環境、不動産価格の安定(たとえば、低所得世帯のために住宅事情を改善しようとする処置を通じたもの)など、正当な公共福祉の保護のために当事者(政府)が立案・施行した非差別的規制行為」が、ある状況のなかで間接的収用になりうる場合を明確に考慮する、という文言が含まれている。以下に述べるように、ほかの国はこのような付属文書に対して、別の文言を提案している。
●No general exception to safeguard environmental, health, labor and consumer protection policies. Some trade agreements (although not U.S. bilateral deals) allow deviations from the substantive obligations of the agreement through so-called “general exceptions” if a country is pursuing environmental, labor or consumer protection policies. The leaked TPP text reveals that such a safeguard is not included. Instead, the leaked TPP text includes the standard annex on expropriation, noted above, that has been included in recent past U.S. pacts. It includes language that explicitly allows for some circumstances when “non-discriminatory regulatory actions by a Party that are designed and applied to protect legitimate public welfare objectives, such as public health, safety, the environment, and real estate price stabilization (through, for example, measures to improve the housing conditions for low-income households)” can constitute indirect expropriations in some circumstances.6 As described below, other countries have proposed alternative language for such an annex.

NAFTAモデルと比較して、新しいもの、異なるもの、より悪くなっているもの
過去、公益のための法律に対する一連の裁判外の申し立てにつながった条項を一言一句繰り返していることに加え、漏えいされた投資に関する資料では、次のようなことが明らかになっている。
What’s new, different or worse relative to the NAFTA model:
In addition to replicating word-for-word terms that have led to a series of extrajudicial attacks on public interest laws in the past, the leaked TPP investment text reveals that:


●とりわけ米国の交渉者は、特別に極端なルールを押し付けている。たとえば、米国の交渉担当者だけが、署名政府との調達契約、政府に管理されている土地の天然資源の使用許可契約、公益事業運営の契約に関する紛争について、外国の投資家に国内の投資家よりもより手厚い権利を与えようと突き進んでいる(12.2条と12.18条(1)(a)(i)(B-C))。また米国だけが、国内の企業が国内法や同種の紛争を持ち込むのと同じ法廷を使用するよう外国企業に求めるのではなく、外国企業と政府間のこのような問題の紛争は、むしろ投資対国家間紛争処の裁判機関で解決されることを容認する道を追求している。米国を除くすべての国は、紛争に関する協議の要求が正式に通知されてから6か月後に、初めて特別な投資家対国家の制度の下で、申し立てを開始することを望んでいる。米国は、異議申し立ての開始期限を、請求(12.18.1条)を引き起こした政府の行為の6か月後にしたい考えで、投資家の異議申し立てが矢継ぎ早にもたらされることになる。
●U.S. negotiators in particular are pushing especially extreme rules. For example, U.S.
negotiators alone are pushing for foreign investors to have greater rights than domestic investors with respect to disputes relating to procurement contracts with the signatory governments, contracts for natural resource concessions on land controlled by the national government, and contracts to operate utilities (See Articles 12.2 and 12.18(1)(a)(i)(B-C)). The U.S. alone seeks to allow disputes over such matters between foreign firms and governments to be resolved in investor-state tribunals rather than requiring foreign firms to use the same domestic laws and courts to which domestic firms would bring such disputes. All countries except the United States want initiation of a case under the extraordinary investor-state system to be possible only six months after formal notice of request for consultations on the dispute. The U.S. seeks a start date for such challenges six months after the government action giving rise to the claim (Article 12.18.1), inviting a swarm of rapid investor challenges.


●オーストラリアのみが、論争のある外国投資家の裁判機関には従わないだろうと述べた。ほかに私的な投資家対国家の実施体制に従うことには反対している国はない。このことは、現在、米国とFTAを結んでいないTPP交渉国のニュージーランド、マレーシア、ブルネイ、ベトナムに新たな責任を負わせることになるだろう。
●Australia alone has indicated that it will not be subjected to the jurisdiction of controversial foreign investor tribunals (See footnote 20). No other country has listed an objection to being subject to the private investor-state corporate enforcement regime. This would impose new obligations for New Zealand, Malaysia, Brunei and Vietnam . the countries involved in TPP negotiations that do not now have U.S. FTAs.

●数カ国が、投機的な金融取引やその他を規制する国家の権能を守る新たな例外を提案している。しかし、米国はこれらの提案を支持していない。自由取引義務の下で投資家の異議申し立てから社会保障制度を部分的に除外する、という防衛措置を提案している国も複数ある。
●Several countries have proposed new exceptions to safeguard countries’ ability to regulate speculative financial transactions and more, but the United States has not supported these proposals. Several countries are proposing a defense measure that would partially exempt social security systems from investor challenges under the free transfers obligations (See Articles 12.5, 12.11.4(f), and XX.3 (on final pages), Article 12.5 and Annex 12-I).

●政府政策の軽微な変更が、賠償を伴う間接的収用になりうるという投資家の請求を制限するために策定され、これまでの米国FTAに含まれていた説明が削除されている。ほとんどの米国FTAには、投資家が補償を受けられるようないわゆる「間接的収用」が生じたかどうかは、政府の行為の特徴や経済的影響、及びその行為が投資家の期待を妨げたかどうかによることを明言した付属書類が含まれている。上述のように、韓国FTAではその脚注で「規制が変更しないだろうという投資家の期待は、規制の緩い分野よりも、厳しい分野において合理性に欠ける可能性がある」という重要な説明が含まれていたが、これは削除されている。
●A clarification included in past U.S. FTAs designed to limit investors’ claims that mere changes to a government policy can constitute a compensable indirect expropriation is omitted. Most U.S. FTAs include an annex clarifying that whether a so-called “indirect expropriation” has occurred for which an investor can obtain compensation depends on the character and economic impact of the government action, and whether the action interferes with investors’ expectations. As noted above, the Korea FTA had included an important clarification in a footnote that an “investor’s expectations that regulations will not change are less likely to be reasonable in a heavily regulated sector than in a less heavily regulated sector.” This is omitted.

●いくつかの国は紛争が国の債務や国の債務再建に関する場合、投資条項の全項目が完全に適用されるわけではないことを確約する条項を求めている(12.2条(cにおける投資の定義)。
●Several countries have sought provisions to ensure that disputes related to sovereign debt and sovereign debt restructuring are not subject to the full range of investment chapter disciplines (See Article 12.2 (Definition of Investment at c), footnote 2 and Annex 12-K).

●米国は、他国が提案し、これまでの米国FTAにも含まれている連邦主義的保護に賛成していない。漏えい資料と過去の米国FTAにおける義務のなかに「内国民待遇」があり、外国投資家が国内投資家と同等の待遇を受けることを要求している。これまでの米国FTAでは、連邦法に準ずる法(訳注:州、郡など自治体の法規)として、外国企業に対する待遇は連邦に準ずる自治体が国内企業を待遇するのと同様程度、優遇的に扱うことを意味すると規定した。言葉を変えれば、州や自治体の法は、単に別の州法、自治体法、国の法律よりも優遇的待遇を提供していないという理由で、「内国民待遇」基準に違反していることにはならないことになる。TPPにこの条項を含めることを支持しているTPP国もあるが、米国は支持していない(12.4.3条参照)。
●The U.S. has not agreed to federalism protections proposed by other countries and included in past U.S. FTAs. Among the obligations in the leaked TPP text and in past U.S. FTAs is “National Treatment,” which requires that foreign investors are treated the same as domestic investors. Past U.S. FTAs have specified that, with respect to sub-federal laws, equal treatment for foreign firms means that they must be treated as favorably as the subfederal entity would treat a domestic firm. In other words, a state or provincial law would not be in violation of the National Treatment standard simply because it provides less favorable treatment than, for instance, another state or province’s laws or the national law. While some TPP countries have supported inclusion of this provision in TPP, the U.S. has not done so (See Article 12.4.3).

●投資家が政府の行為により「投資家や投資に損失や損害が生じた」ことを示せる場合に限り、特別の投資家対国家間の紛争処理システムを発動させることができるように提案している国もあるが、米国を含む複数の国は支持していない(12.7.1条)。この文言が、実質的な経済的損失を証明できないような政策の廃止を狙って政府に圧力をかける安易な請求などを、うまく締め出すことができるかどうかは疑問である。しかし、この文言が取り組もうとした根本的問題はたいへん現実的である。補償の請求を開始するために、投資家が満たすべきセクションB(投資家対国家間紛争処理システムを記載)の基準は、最低限のものである。裁判機関の民間の法律家は時給が高額であり、通常、判決にかかわらず、政府と投資家が費用を折半しなければならないことを考えれば、訴訟や裁判費用の支払いを見込んだだけでも、政府の措置が抑制されてしまうことになる。
●Some parties have proposed that the extraordinary investor-state enforcement system can only be triggered if an investor can show that a government action “causes loss or damage to an investor or its investment,” but this has not been supported by the United States or several other countries (Article 12.17.1). Whether this language would successfully foreclose frivolous investor claims, for instance claims aimed at pressuring a government to eliminate a policy that cannot be shown to actually cause economic damage to an investor, is an open question. However, the underlying problem that the language seems designed to address is very real. The standards an investor must meet in Section B (which describes the investor-state enforcement system) to initiate a demand for compensation are minimal. Given the tribunals’ private sector lawyers bill by the hour at high rates and the government and the investor generally must split these costs regardless of the outcome of a case, the mere filing of a case and the related prospect of having to pay the tribunal costs have a chilling effect on government actions.

●投資家対国家間紛争処理(訴訟)に着手する前に、投資家に和解を促したり、国内行政を見直しさせることを求めるあらゆる斬新な「消尽」要件を入れることを、複数の国が推進している(12.17条)。米国は、国際法の基本原則である、いわゆるこうした手段消尽要件の権限強化を支持していない。ほとんどの請求が米国市民から外国政府に対するものであるという観点からも、米国はこのような政策を取っているともいえる。
●Several TPP countries are pushing for various novel “exhaustion” requirements to require investors to pursue mediation or domestic administrative review before launching an investor-state case (Article 12.17). The U.S. is not supporting the stronger versions of these so-called exhaustion requirements, which is a fundamental principle of international law. It is also U.S. policy with regard to most claims by U.S. citizens against foreign governments.

●TPPの数カ国は、米国の収用に関する標準的付属文書にかえて、収用請求を制限する、完全に異なる付属文書(付属文書12−D)を推進している。この代替付属文書は、改善されているもののまだ問題が残っている。この文書では「政府による投資家資産の没収が深刻か、または無期限である場合、また公共の目的と釣りあわない場合」にのみ間接的収用が生じると記述されている。さらに、その措置が差別的だった場合、または投資家に対して国が事前に拘束力のある文書(たとえば契約や認可を通じて)による約束を反故にした場合に発生する可能性がとくに高い。しかしながら、ある国は、単に「非差別的規制行為、つまり、健康、安全、環境など正当な公共的利益に資するために、策定、適用された行為は、間接的収用にあたらない」とする、より強い文言を提案している。米国は、公共の利益に対してより明確且つ断定的な保護を支持しているとは思われない。
●Some TPP parties are pushing for a wholly different annex to limit expropriation claims (Annex 12-D) to replace the standard U.S. expropriation annex. This alternative annex is an improvement, but still problematic. It says that an indirect expropriation only occurs when “the state’s deprivation of the investor’s property [is] either severe or for an indefinite period; and … disproportionate to the public purpose”, and is especially likely when the measure is discriminatory or breaches a state’s prior binding written commitment to the investor (such as through a contract or license). However, one country is proposing stronger language that would state simply that “non-discriminatory regulatory actions … that are designed and applied to achieve legitimate public welfare objectives, such as the protection of public health, safety and the environment do not constitute indirect expropriation.” The U.S. does not appear to be supporting the much clearer and categorical protection for the public interest.

●消極的な環境関連の文言:このTPPは、これまでの米国FTAにみられた利益と損失を自ら相殺する「投資と環境」の文言が含まれている。その文言は次のとおり。「この章のなかに、国内の投資活動が環境保全を意識した方法で確実に行われるために適切だと考えられる、あるいはこの章と合致している措置を妨げるものはない」。しかし、この斜体の部分が明らかにするように、これは、この章の実質的義務に違反しないための政府の行為に対する単なる防御にしかなっておらず、その役割は弱い。しかしある国は、この文書に次のように読める追加の一節を提案している。「当事国は、健康、安全、環境的措置の緩和によって投資を促進させることは不適切だと認識している。したがって当事国は、投資家の投資部門における設立、取得、拡大、維持を奨励するために、こうした措置の放棄または制限、もしくは放棄または制限の提案を行うべきでない」というものだ。米国は、この積極的な文言(勧告的ではあるが)を支持していない模様である(12.15条)。
●Weak environmental language: The TPP includes the self-cancelling “Investment and
Environment” language of past U.S. FTAs that states that “Nothing in this Chapter shall be construed to prevent a Party from adopting, maintaining or enforcing any measure otherwise consistent with this Chapter that it considers appropriate to ensure that investment activity in its territory is undertaken in a manner sensitive to environmental” concerns. However, as the italicized portion makes clear, this is only a defense against government actions that do not violate the chapter’s substantive obligations, so it’s not much of a defense. One country, however, is proposing an additional paragraph to this text that reads: “The Parties recognise that it is inappropriate to encourage investment by relaxing its health, safety or environmental measures. Accordingly, a Party should not waive or otherwise derogate from or offer to waive or otherwise derogate from, such measures as an encouragement for the establishment, acquisition, expansion, or retention in its territory of an investment of an investor.” It appears that the U.S. is not supporting this positive (albeit hortatory) language (See Article 12.15).

.
●投資家とはだれか?これまでのFTAのように「当事国の投資家」の定義は、投資を行っているか、「投資を試みて」いる当事国の投資家に限定される。過去のFTAと異なり、「投資の試み」の分岐点は、「ビジネスを始めるために資源や資本を送り込んでいる、あるいは認可や免許を申請しているといった具体的な行動、あるいは投資行動をとったとき」と定義されている。これは、保護の対象となる投資家の最低基準であり、この要件にすら合致していない投資家が、過去のFTAの下で保護されていたかもしれないことを考えると衝撃である。
●Who is an investor? Like past FTAs, the definition of “investor of a Party” is limited to those investors that have made or are “attempting to make” an investment. Unlike past FTAs, the “attempts to make” threshold is defined as when “that investor has taken concrete actions or actions to make an investment, such as channeling resources or capital in order to set up a business, or applying for permits or licenses.” This truly is the bare minimum of what should constitute a protected investor, and it is shocking that an investor that didn’t meet that threshold might have been protected under past FTAs.

●複数の当事国は、企業の社会的責任の奨励を勧告する新たな項目を提案している。米国は明らかに、この勧告的文言ですら支持していない(12.2条)。
●Some TPP parties are proposing a new article hat makes a hortatory reference to
encouraging corporate social responsibility. The U.S. is apparently not supporting even this hortatory language (Article 12.15 bis).


終わり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TPP投資条項に関するリーク文書を米国パブリックシチズンが分析!(その3) 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる