「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP投資条項に関するリーク文書を米国パブリックシチズンが分析!(その2)

<<   作成日時 : 2012/06/22 01:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
ローリー・ワラック(2012.3.13 「緊急市民国際シンポ
やっぱりTPPでは生きられない!」にて)


<その1>に引き続き、リーク文書の分析をお届けします。(翻訳:田所 剛、田中久雄 監修:廣内かおり)

☆ ★ ☆


●「投資家」の全般的な定義と確固たる「利益否認」条項が欠如しているため、TPP非加盟国出身の企業は、TPPが外国投資家や民間投資家と国家間の執行体制のために確立した特権を模索することができるようになる。また、この文書では「投資家」のことを、協定で定められた定義と同様、投資を行う個人もしくは法人と定義している。(12.2条)つまり、TPP署名国で法人化したTPP非加盟国の企業も含まれる。そこで、たとえばベトナムに拠点を置く中国政府所有の多くの企業のうち1社が米国に子会社を設立し、米国政府を相手に外国の裁判機関で損害賠償訴訟を起こすことができる。しかも、漏えい資料では「投資家」の定義のなかで、個人や法人がその当事国で実質的に事業活動をしている、もしくは受け入れ国で相当な金額の資本を費やしているかどうかを求めていない。このことは、過去の協定で深刻な問題をもたらしている。実際の投資活動を行っていない企業により、その国の政府が高額な外国の裁判手続きに巻き込まれることが起きたからだ。利益否認の文言について、過去の通商取引では、協定の当事国出身でない投資家は、取り引きの利益を否定されることがあるという条件が含まれている。表向きの目標は、多国籍企業による「ただ乗り」や「条約漁り」を防ぐことである。国籍の悪用に対抗するための境界線は、その投資家が当事国において「実質的な経済活動」を行っているか、またその企業がその協定の署名国以外の投資家に所有もしくは管理されているか否かである。しかしながら、このような「利益否認」の条文も特に厳しいわけではなく、たとえ1人または2人の担当者が当事国でちょっとした書類作業を行っているだけでも「実質的な事業活動」のに入るのである。このような低い基準がTPP文書に再び盛り込まれており、例えば中国やドイツの投資家が過剰な外国投資家保護を受け、私的な法の執行制度を利用するために、TPP参加国を経由して投資をおこなう道を開くことになる。
●Overreaching definition of “investor” and lack of robust “denial of benefits” provisions allow firms from non-TPP countries to exploit the extraordinary privileges TPP would establish for foreign investors and the private investor-state enforcement regime. The text also includes an overreaching definition of “investor” as a person or legal entity that makes an investment as defined in the pact (Article 12.2). This includes firms from non-TPP countries that have incorporated in a TPP signatory country. Thus, for instance, one of the many Chinese state-owned corporations in Vietnam could set up subsidiaries in the U.S. and then sue the U.S. government in a foreign tribunal to demand compensation under this text. Additionally, the leaked text fails to require in the definition of “investor” that a person or entity have actual business activities or make a significant commitment of capital in the host country. This has proved to be a serious problem in past pacts, with firms that have made no real investment in a country dragging governments through costly foreign tribunal proceedings. With respect to the denial of benefits language, past trade deals include terms whereby an investor that is not native to a nation in the pact can be denied the benefits of the deal. The ostensible goal is to discourage “free riding” and “treaty shopping” by multinational firms. The thresholds to counter abusive nationality planning are whether an investor has “substantial business activities” in the claimed home nation, and whether it is owned or controlled by investors outside of the trade pact signatory countries. However, such “denial of benefits” terms are not particularly robust, since even having a staff person or two and a minor paper trail in the claimed home country can pass the “substantial business activities” threshold. These low thresholds are replicated in the TPP text, allowing Chinese or German investors (for instance) to channel investments through TPP nations in order to obtain the radical TPP foreign investor protections and access to the private enforcement regime.

●自国の裁判制度の外で政府を訴えるとして、国内投資家は利用できず、その国の憲法、法律、国内裁判手続きの権利や義務に拘束されない手続き上の権利(セクションB)。国内法のもとで得られる権利よりも大きな権利を求めないかぎり、外国投資家が自国の裁判制度の外で申し立てをしようとする理由はない。さらに、TPP交渉国の多くはしっかりとした国内司法制度を有している。例えば、TPPの交渉国であるニュージーランド、オーストラリア、シンガポールは、汚職の管理および法の支配に関し、世界銀行から少なくとも米国と同レベルであると位置づけられている。しかし、左派右派を問わず憤るような方法で、漏えいしたTPP資料に含まれている私的な「投資家と国家」による執行システムは、国内の裁判所や法律を回避し、外国の裁判機関で政府を訴えられる権利を外国投資家および企業に与えている。自らの投資権利の毀損と将来の逸失利益に対する金銭的賠償を当該国の国庫に対し要求することができるのである。このことは、政府や国内企業に比べて外国企業に様々な方法で特権を与える、危険な司法制度のツートラック・システムを構築するものである。また、外国企業が外国の裁判機関を使って国庫を狙い、署名国に多額の負担を課すことにもなる。投資家から国家への申し立てが勃発することは、新たな懸念を生じさせる。TPP交渉国の元裁判官、法学者そしてその他著名な法律家たちは署名した書簡のなかで、次のように警告している。「最近の自由貿易協定(FTA)や二国間投資協定(BIT)、および投資家国家間の仲裁の執行に含まれている外国投資家保護の条項は、TPP に含められるべきではない。我々は、この制度が進展すれば、どれほど各国の司法制度が過小評価され、投資家と国家、その他関係者の力関係を司法上の紛争の公正な解決を損ねるようなやり方で根本から変化させてしまうかということを危惧し、この結論を導き出したものである。結論である」。
●Procedural rights that are not available to domestic investors to sue governments outside of national court systems, unconstrained by the rights and obligations of countries’ constitutions, laws and domestic court procedures (Section B). There is simply no reason for foreign investors to pursue claims against a nation outside of that nation’s judicial system, unless it is in an attempt to obtain greater rights than those provided under national law. Moreover, many of the TPP partners have strong domestic legal systems. For example, TPP partners New Zealand, Australia and Singapore are all ranked by the World Bank as performing at least as well as the United States with regard to control of corruption and adherence to rule of law. Yet in a manner that would enrage right and left alike, the private “investor-state” enforcement system included in the leaked TPP text would empower foreign investors and corporations to skirt domestic courts and laws and sue governments in foreign tribunals. There, they can demand cash compensation from domestic treasuries over domestic policies that they claim undermine their new investor rights and expected future profits. This establishes an alarming two-track system of justice that privileges foreign corporations in myriad ways relative to governments or domestic businesses. It also exposes signatory countries to vast liabilities, as foreign firms use foreign tribunals to raid public treasuries. The explosion in investor-state attacks has produced rising concerns. A letter signed by former judges, law professors and other prominent lawyers from TPP nations warns: “the foreign investor protections included in some recent Free Trade Agreements (FTA) and Bilateral Investment Treaties (BIT) and their enforcement through Investor-State arbitration should not be replicated in the TPP. We base this conclusion on concerns about how the expansion of this regime threatens to undermine the justice systems in our various countries and fundamentally shift the balance of power between investors, states and other affected parties in a manner that undermines fair resolution of legal disputes.”

●外国に設置されているこの裁判機関は、民間企業を代表して国家を訴える法律家が「裁判官」の役を交代で務め、そのことにより利害の相反対立をもたらしている。漏えい資料には、民間分野の弁護士をそろえた世界銀行と国際連合の投資家仲裁裁判所に署名国が従う条項が含まれている。現在、投資家国家間の訴訟を扱う国際裁判所には市民に対する説明責任がなく、司法倫理基準や上告手段が欠如している。この制度において、(裁判官の倫理に反するような方法で、)これらの裁判機関の要員は、倫理に反するような方法で、投資家を擁護し政府を訴える企業弁護士と「裁判官」を行き来する民間分野の弁護士が担っている。訴訟を開始する企業は、裁判の場所を選択し、名簿のなかから裁判官を1名選出する。訴訟を受けた国家がもう1名を選出し、その2名で残りの1名を選出することになる(12.21条)
●The foreign tribunals would be staffed by private sector lawyers who rotate between acting as “judges” and representing corporations suing governments, posing major conflicts of interest. The leaked text includes provisions that submit signatory countries to the jurisdiction of both World Bank and United Nations investor arbitral tribunals staffed by private sector attorneys. The international tribunals that currently rule over investor-state claims lack public accountability, standard judicial ethics rules and appeals processes. In this system, private sector lawyers rotate between roles as “judges” in disputes brought by investors against governments and as advocates for investors against governments in a manner that would be unethical for judges. The corporation initiating a case chooses the venue and selects one of the “judges” from a roster. The defending country chooses another and those two select the third (12.21条).

●外国の海外に設置された裁判機関は、政府に対し無制限の賠償金を国庫から支払うよう命令する権限を与えられる。たとえ政府がこれらの裁判で勝訴したとしても、企業側の訴訟に対抗して国家政策の正当性を主張するために、政府は貴重な財源を無駄にすることになる。そして、納税者の税金が裁判のための多額の弁護士費用や訴訟費用を支払うために使われなければならないのである(12.28条)。
●Foreign tribunals empowered to order governments to pay unlimited cash compensation out of national treasuries. Even when governments win these cases, they waste scarce budgetary resources defending national policies against these corporate attacks, as taxpayer funds must be used to pay large hourly fees for the tribunals and legal costs (Article 12.28).

●国内、国外の企業に適用される新たな政策が、処遇方法においてついて外国投資家の「期待」を損なう場合、投資家は賠償を請求できる。これは、投資家の期待した将来の利益を減少させ(間接的収用についての12.12条)、あるいは、従前の政府に対応するなかで投資家が受けていた可能性のある規制当局の審査水準見込み(最低基準すなわちMSTについて12.6条)に反した政府の行為(たとえば新たな環境保全の法律)に対して、損害を請求する権利を含むものである。しかし、漏えいされたTPP資料でも繰りかえされている文言をベースとした一連の危険なNAFTAの投資家対国家規定が策定されたのち、最近の米国FTAには付属文書が付け加えられた。その文言は、政府のどのような行為が「間接的収用」に該当すべきかを定義することを目的としている。この付属文書は、不十分なものとして批判されているものの(政府による規制政策のささいな変更を根拠にした異議申し立てがまだ許されている)、次のような有益な条項を含んでいた。「より明確にするため、投資家の期待が合理的かどうかは、関連分野における政府規制の特徴と範囲によってある程度決まる。たとえば、規制の厳しい分野のほうがそうでない分野よりも、規制が変更されないだろうという投資家の期待は合理的である、と認められる可能性は低い」。この文言は、漏えいされたTPPの投資に関する文書からは割愛されている。ただし、たとえこの条項が含まれたとしても、投資家対国家の裁判機関は、投資家保護の目的のために裁量権を保持することになる。漏えい資料には、単に政府が一般に適用する規制政策を改善したというだけの理由で、政府から外国企業への支払いを命ずるものが含まれている。実際に、外国投資家に対して保証された最低待遇基準と、間接的収用に対する補償の権利に関するNAFTAの文言が含まれたことは、TPP参加の政府が議員や公益擁護団体(訳注:公益のために活動する非営利の団体)に対して、この協定は規制に関する主権を守るものだと確約したことと真っ向から矛盾している。TPPにこれらの条項が入ることにより、国内外の企業に適用される法律に投資家が異議を申し立てる機会が多くなり、また、投資家対国家の裁判機関は、政府に対し、そのような政策への異議申し立てをおこなう外国投資家に補償を命ずる広範な裁量権を手にすることになるだろう。
●Investors can demand compensation if new policies that apply to domestic and foreign firms alike undermine foreign investors’ “expectations” of how they should be treated. This includes a right to claim damages for government actions (such as new environmental laws) that reduce investors’ expected future profits (Article 12.12 on indirect expropriation) or that go against the expected level of regulatory scrutiny that an investor might have had when dealing with a previous government (Article 12.6 on minimum standard of treatment, or MST). After a series of alarming NAFTA investor-state rulings based on language replicated in the leaked TPP text, an annex was added to recent U.S. FTAs with language aimed at defining what sorts of government action should be considered an “indirect expropriation.” This annex, which has been criticized as insufficient (given it would still allow challenges based on mere changes to governments’ regulatory policy), included a useful provision: “For greater certainty, whether an investor’s investment-backed expectations are reasonable depends in part on the nature and extent of governmental regulation in the relevant sector. For example, an investor’s expectations that regulations will not change are less likely to be reasonable in a heavily regulated sector than in a less heavily regulated sector.” 4 This is omitted in the leaked TPP investment text. However, even if this clause were included, investor-state tribunals would maintain enormous discretion under the investor protections included in the leaked text to order a government to pay a foreign investor merely because the government improved a regulatory policy of general application. Indeed, the inclusion of the NAFTA language on guaranteed minimum standard of treatment for foreign investors and the rights for compensation of indirect expropriation directly contradicts the assurances TPP governments have given to legislators and public interest advocates that the pact would safeguard regulatory sovereignty. In fact, inclusion of these terms in a TPP would provide abundant opportunities for investor challenges of laws applying to both domestic and foreign firms
and enormous discretion for investor-state tribunals to order governments to compensate foreign investors for challenges of such policies.


●間接的収用に対する補償を請求する権利として、国内で活動しているすべての企業が満たさなければならない規制に関連する費用を、外国投資家が政府に要求できるようになるという点がある。国内法や国際法においてはこれまで、収用補償に対する政府の支払い義務は、不動産の物理的な接収に適用されてきた。たとえば、政府が高速道路をつくるために家を収用するときのようなものである。漏えいTPP資料では、投資家に「間接的」収用(12.12条)への補償の請求権を与えている。この間接的収用は外国投資の価値を単に減少させた規制やその他の政府の行為を意味すると解釈することができ、これまでもそう解釈されてきた。(米国)合衆国憲法の下では一般的に、「規制による収用」に対する補償は不動産に影響を及ぼす規制のみに適用されてきた。たとえば米国最高裁判所は、動産は、規制的収用の請求が通る根拠となる可能性は低いことを指摘している。動産の場合、政府は伝統的に商的取引を厳しく管理しており、(所有者は)新たな規制によって自分の財産の経済的価値が損なわれるかもしれない、という可能性に気付くべきである」としているのだ。しかも、投資協定の間接的収用条項は、政府による資産の取得が実際にあったかどうかとは関係なく、投資価値に対する政府措置の影響を根拠に補償を要求できると解釈されてきた。しかし支配的な国家慣習では、政府が資産を実際に取得したときのみ補償し、規制措置によって資産価値が目減りしたときではないということを前提に考えれば、間接的収用のこの解釈は、国家の一般的慣習を反映したものとして、正当化することはできない(収用に関し、過去の協定に対してTPPで提案された修正事項の分析は、このメモの次章を参照)。
●Right to claim compensation for indirect expropriation allows foreign investors to demand government payments for regulatory costs all firms operating in a country must meet. In the past under domestic and international law, governments’ obligation to compensate for expropriation applied to the physical taking of real property, for example when a government expropriated a house to make way for a highway. The leaked TPP text would provide investors with a right to demand compensation for “indirect” expropriation (Article 12.12), which can be and has been interpreted to mean regulations and other government actions that merely reduce the value of a foreign investment. Under the U.S. Constitution, compensation for “regulatory takings” has generally been held to apply only to regulations affecting real property. For example, the U.S. Supreme Court has indicated that personal property is unlikely to be the basis for a successful regulatory takings claim given that “in the case of personal property, by reason of the State’s traditionally high degree of control over commercial dealings, [the owner] ought to be aware of the possibility that new regulation might even render his property economically worthless.” Moreover, the indirect expropriation provision in investment agreements has been interpreted to require compensation based on the impact of the government measure on the value of an investment, regardless of whether there has actually been some appropriation of an asset by a government. This interpretation of indirect expropriation cannot be justified as reflecting the general practice of states, given that the dominant practice of nations is to provide for compensation only when the government has actually acquired an asset, not when the value of an asset has been adversely affected by regulatory measures. (For analysis of changes proposed for TPP relative to past pacts on expropriation, see the next section of this memo.)

●もっとも成功した投資家の補償要求に使われた条項が拡大する。過去の協定において、政府政策に対する投資家の異議申し立てを成功させた(そして論争のある)根拠は、投資家に対する最低待遇基準の保証、あるいは、それと密接に関連する「公正衡平な待遇」(FET)条項(12.6条)に違反するとの主張である。これまで裁判機関はこれらの条項を非常に広く解釈してきた。米国の通商投資協定の下で、「勝利」とされている22件のうち、約75%(16件)はFET違反であると判断された(対照的に国家による待遇違反はわずか6件で、うち3件が収用違反、3件がパフォーマンス要求違反。複数の違反を指摘されたものが数件)。FET違反のなかには、慣習国際法の下で長く理解されてきたように、「正義の否定」に関わるものがある。しかし、いくつかの裁判機関は、政府の規制的行為に対して「合理的な期待」であった投資家の主張を、単に否定したとしてFET違反と判決を下した。たとえば、米国とエクアドルのBITの下でおこなわれたオキシデンタル対エクアドルの裁判である。合理的な期待要件とは「投資が行われてきた法的及びビジネス環境を変更しない、という責任が確かに存在する」ことを意味するという裁決が下された。TPPには、これらの極端な解釈を未然に防ぐものは何も含まれていない。その代わりに、漏えい資料には、最近の米国FTAに含まれている付属文書がある。その文書は、待遇最低基準の条項が慣習的国際法の下、適切な基準を反映させようとしたものであると述べている。この場合、慣習的国際法とは、「法的責任の意味から、国家により踏襲されている一般的で一貫した国家慣習」を通じてつくられたものである。このような遠まわしな文言は、問題をきちんと解決するものではない。これまでの投資家対国家の裁判では、「待遇の最低基準」の解釈を実質的な国家慣習に基づかず、むしろ、ほかの裁判機関が示した基準の説明を単純に引用している。それらの裁判機関は基本的に、強化される投資家保護という「進化」した基準をつくる慣習法の手法を使ってきたのだ。TPPでは、この重大な欠陥が改善されていない。投資家をつい投資家対国家間紛争処理による攻撃に誘うような不確実性と予測不能性が残されたままになっている。
●The provision used in most successful investor compensation demands would be extended. The most successful (and controversial) basis for investors’ challenges of government policies in past agreements is alleged violations of the guaranteed minimum standard of treatment for investors or the closely linked “fair and equitable treatment” (FET) provision (Article 12.6). These terms often have been given very broad interpretations by tribunals. Of the 22 known “wins” by investors under U.S. trade and investment agreements, nearly 75 percent (16) have found FET violations. (In contrast, only six have found national treatment violations, three have found expropriation violations, and three have found performance requirement violations. Some cases found violations of multiple rules.) While some of the FET violations involved “denials of justice” as that term has long been understood under customary international law, some tribunals have found FET violations for government regulatory actions that simply contradicted what investors’ argued were their “reasonable expectations.” For instance, in the Occidental v. Ecuador case under the U.S.-Ecuador BIT, a tribunal ruled that the reasonable expectations requirement means that “there is certainly an obligation not to alter the legal and business environment in which the investment has been made.” The TPP includes nothing to forestall these extreme interpretations.
Instead, the leaked text includes an annex contained in recent U.S. FTAs that states that the minimum standard of treatment provision is intended to reflect the relevant standard under customary international law, which is created through the “general and consistent practice of states followed by them from a sense of legal obligation.” This circular language does not fix the problem. Past investor-state tribunals have not based interpretations of the “minimum standard of treatment” on the actual practice of nations, but rather have simply cited characterizations of these standards by other tribunals, using essentially a common law methodology to create “evolving” standards of escalating investor protection. The TPP fails to remedy this severe flaw, leaving uncertainty and unpredictability that invites investors to launch investor-state attacks.


【その3】最終章につづく…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

TPP投資条項に関するリーク文書を米国パブリックシチズンが分析!(その2) 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる