「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外情報】安価な医薬品へのアクセス確保を!──国際団体がギラード豪州首相へTPP書簡提出

<<   作成日時 : 2012/04/18 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

国境なき医師団などの医療関連の国際団体が2月27日ギラード豪州首相に対し、TPPで懸念される「医薬品へのアクセス」を求める書簡を提出しました。TPPの医療問題に取り組む海外団体の動きのひとつです。翻訳ボランティアチ−ムで翻訳をし、掲載します。(翻訳担当:戸田光子)

☆ ★ ☆


主題:TPPAにおける医薬品へのアクセスの確保
2012年2月27日


ジュリア・ギアード首相へ

私たち医療、保健、フェアトレード関係のオーストラリアおよび国際的な団体は、TPPAがオーストラリアと環太平洋地域の途上国の公衆衛生に与える影響を懸念しています。私たちはこの懸念を表すと共に、オーストラリアが交渉において、米国に拠点を置くグローバル企業の権利よりも、安価な医薬品へのアクセスを優先する立場を確約することを求め、文書を提出することを決議しました。

TPPA交渉における提案は二つの点で医薬品へのアクセスを脅かすものです。

まず、米国の交渉担当者は、医薬品会社のために知的財産権を延長するという具体的な提案をしています。これらの会社は、20年間の特許権を既に持っており、その間医薬品に独占価格を付与することが出来ます。特許期間の延長と安いジェネリック医薬品の導入の遅延はこれらの会社には利益をもたらしますが、消費者や医療制度にはその負担を増大させるものです。

米国の提案が実現すれば以下のことが懸念されます。
・既存の医薬品にほんの少しの変更を加えるだけでさらに特許を認めることになり、特許の連続的な延長、つまり特許の“エバーグリーニング(常緑樹化)”を可能にする。
・法の規定によるジェネリック医薬品の認可を遅らせる、特許関連条項を押し付ける。
・特許保護期間の延長
・‘データの独占権’(ジェネリック医薬品の登録のための臨床試験データの使用の制限)の期間の延長  

米国の提案はまた各国に医療処置の特許を認めることを要求しており、これは将来巨額の負担を病院に課すことにもなりうるものです。米国の提案は、特許付与前の異議申立のような極めて重要な、法の柔軟性を行使する国の権能をも制限しようとするものです。知的財産権に関するこのような提案は、ジェネリック医薬品の生産を遅らせ、オーストラリアの医薬品支援制度(PBS)や他の諸国の薬価還付制度のコストを増加させるものです。

二番目に、“透明性(の拡大)”の名の下に、米国の交渉担当者はPBSのような制度を通して医薬品価格を規制する政府の権利に対して、より大きな制限を加えることを求めています。米国の提案は、各国政府が既存の医薬品と価格比較するときの基礎となるものを制限することになります。また医薬品の公共広告を直接消費者にすることを認めるという提案もあります。これは米国では行われていますが、オーストラリアを含めほとんどの国では受け入れられていません。これは薬の過剰処方につながるのではないかという懸念があるためです。

米国の提案に対しては、米国の消費者団体や保健機関、そして薬価規制のあるいくつかの州では米州議会議員からも非難の声が上がっています。実際、薬価規制を制限するような米国の提案は、米韓自由貿易協定のような米国の二国間協定において、州における制度の排除を規定しています。これはこの提案が他の国々の同様の制度を害するものであると認めるものです。

私たちはまた共同で世界に次のような懸念を発表しました。米国の製薬会社は、TPPAを利用して途上国のジェネリック医薬品手配へのアクセスを後退させようとしています。そのアクセスはWTOの「知的財産権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS)」で認められ、「TRIPS協定と公衆衛生に関する2001年WTOドーハ宣言」、そして「公衆衛生、イノベーション、知的財産に関する2008年WHOの世界戦略と行動計画」で明言されたものです。ジェネリック医薬品へのアクセスのそのような後退は、2011年6月ニューヨークにおける「HIVとAIDSに関するハイレベル会合での国連総会の政治宣言」、中でも35項、36項そして71項aと矛盾するものです。その宣言には米国とオーストラリアの両国とも署名しています。

「HIVに関する2011年国連政治宣言」の71項では、署名国は次のことを約束すると謳われています。“低中所得国の、経済的に利用可能で効果的なHIVの予防と治療のための医薬品、検査薬、治療薬、必需品、その他の薬品を供給する能力を制限している障壁を、実現できるところでは、2015年以前に取り除くことを約束する”

HIVの第1世代の治療薬は、2000年には年間一人当り1万USドルでしたが、今日ではおよそ60ドル程度になり、この10年間で価格が99%下がっています。これはインド、ブラジル、そしてタイでのジェネリック医薬品の生産のおかげですが、これらの国々ではこうした医薬品は特許を取っていません。この劇的な価格低下のおかげで、途上国においてHIV/AIDS治療を600万人を超えるところまで拡大することとなりました。途上国全体で、寄付を受けた資金により購入された抗エイズ薬の約80%とAIDSの子供の治療薬の92%が、ジェネリック医薬品の製造業者の製品となっています。

首相、私たちは、知的財産権を延長し、安価な医薬品のための政府による規制の権利を制限し、そして途上国のジェネリック医薬品へのアクセスを後退させるこれらの提案を、オーストラリアが拒否することを確約するよう強く要請します。小国は米通商代表部(USTR)の執拗なロビー活動を前に自国の結ぶ協定からこのような知的財産や製薬関係の提案を排除するには弱い立場にあります。オーストラリアは先頭に立ってこうした提案に抵抗すべきです。

私たちが守ろうとしている公衆衛生のための諸対策は、オーストラリアで活用された革新的取り組みによる成功の証しであり、2001年以来ジェネリック医薬品業界がHIV治療に対処する中で牽引してきた技術革新の証しです。オーストラリアでは連鎖的に変動する薬価の管理は、主にPBS(医薬品支援制度)における協議手順を思慮深く利用することによって達成されてきました。これらの対策はあなたの政府の公衆衛生の重要な目標になっており、「HIVに関する第6次国家戦略」もそこに含まれています。

「非感染性疾患の予防と対策に関するハイレベル会合」の国連政治宣言もまた、各国政府に“知的財産権の貿易に関する側面(TRIPS)の柔軟性”をフルに活用することも含め、安価で安全で効果的で質の高い医薬品、検査薬、その他の技術へのアクセス”を拡大することを義務付けています(45項p)。TPPAの知的財産と医薬品に対する米国の提案を拒否することは、2011年の「貿易政策声明」におけるオーストラリアの政治公約とも一致し、「二国間および地域貿易協定に関する生産性委員会報告」の勧告とも一致するものです。

途上国における安価なジェネリック医薬品へのアクセスを守ることは、とりわけ、オーストラリアが政府開発援助(ODA)の主要な支援国となっているアジア太平洋地域においては、オーストラリアの国益にもなります。ASEANや他のアジア太平洋の貿易相手国とオーストラリアが結んだ以前の協定もこれに合致するものでした。全TPPA 参加国への米国案の適用を拒否することは、オーストラリアの国際医療開発優先事項とも合致します。その中にはジェネリック医薬品の使用に大きく依存する「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」への支援も含まれています。

私たちは、あなたが、TPPA交渉におけるオーストラリアの立場は、国内だけでなく、協定参加の途上国においても安価な医薬品へのアクセスを確保するものであると確約することを要請します。

【署名】
Mr Rob Lake: オーストラリアAIDS組織連盟、CEO
Mr Paul McPhun: 国境なき医師団・オーストラリア、常任理事
Mr Michael Moore: PHAAオーストラリア公衆衛生協会、CEO
Dr Yvonne Luxford: 緩和ケア・オーストラリア、CEO
Mr John Rock: APN+ HIVとともに生きるアジア太平洋ネットワーク、顧問
Dr Patricia Ranold : オーストラリア・フェアトレード及び投資ネットワーク、議長


+ + <原文> + +


27 February 2012
Subject: Preserving access to medicines in the Trans Pacific Partnership Agreement (TPPA)

Dear Prime Minister,
We are a group of Australian and international medical, health and fair trade organisations concerned at the public health implications of the Trans Pacific Partnership Agreement (TPPA) for Australia and developing nations in our region. We have resolved to write to you to express this concern and seek an assurance that the Australian negotiating position will prioritise access to affordable medicines over the rights of US-based global corporations.
Proposals in the TPPA negotiations threaten to undermine access to medicines in two ways.
Firstly, US negotiators have made specific proposals to extend intellectual property rights for pharmaceutical companies. These companies already have patent rights to charge monopoly prices on medicines for 20 years. Extensions of patent periods and delays in the introduction of cheaper generic drugs benefit these companies, but increase costs to consumers and the health system.
The US proposals would mean:
・allowing more patents which make only slight changes to an existing medicine, thus enabling the repeated extension or “ever-greening” of patents;
・imposing patent-linkage provisions which delay regulatory approval of generic drugs;
・extension of patent terms; and
・longer periods of ‘data exclusivity’ (restrictions on the use of clinical trial data for registration of generic medicines). 

US proposals also mandate countries to permit the patenting of medical procedures, which could impose huge future costs on hospitals. The US proposal also seeks to restrict countries’ ability to use essential legal flexibilities like pre-grant patent opposition. 
These intellectual property proposals would delay production of generic medicines, and add to the costs of Australia’s Pharmaceutical Benefits Scheme and national drug reimbursement programs in other countries. 
Secondly, under the name of “transparency”, US negotiators are seeking to place greater restrictions on the rights of governments to regulate the price of medicines through schemes like the PBS. US proposals would restrict the basis on which governments can make price comparisons with existing medicines. There are also proposals to allow the public advertising of medicines directly to consumers. This is done in the US, but is not accepted practice in most countries, including Australia, because of concerns that it may lead to overprescribing of medicines. 
The US proposals have been condemned by US consumer and health organisations, and by US state legislators in some states where some price regulation of medicines exists. In fact, the US proposals to restrict such regulation in other US bilateral agreements like the Korea-US Free Trade Agreement provide for exclusion of US state-based schemes. This is an admission that the proposals would harm such schemes in other countries. 
We have also joined international expressions of concern that the US pharmaceutical industry is using the TPPA to wind back the access to generic medicines arrangements for developing countries agreed as part of WTO’s Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights (TRIPS) and articulated as the 2001 WTO Doha Declaration on the TRIPS Agreement and public health and the 2008 WHO Global Strategy and Plan of Action on Public Health, Innovation and Intellectual Property. Such a reduction in the access to generic medicines would be inconsistent with the Political Declaration of the General Assembly of the UN at the High Level Meeting on HIV and AIDS in New York of June 2011, in particular clauses 35, 36 and 71a, that was signed by both the USA and Australia. 
Clause 71 of the 2011 UN Political Declaration on HIV states that signatories will: 
“Commit to remove before 2015, where feasible, obstacles that limit the capacity of low- and middle-income countries to provide affordable and effective HIV prevention and treatment products, diagnostics, medicines and commodities and other pharmaceutical products ...”
The first generation of HIV drugs have come down in price by 99 percent over the last decade, from U.S.$10,000 per person per year in 2000 to roughly $60 today, thanks to generic production in India, Brazil and Thailand, where these drugs were not patented. This dramatic price drop has been instrumental in helping scale up HIV/AIDS treatment for more than six million people in developing countries. About 80 percent of donor funded anti-AIDS drugs and 92 percent of drugs to treat children with AIDS across the developing world comes from generic manufacturers.
Prime Minister, we urge you to ensure that Australia rejects these proposals which extend intellectual property rights, restrict the right of governments to regulate for affordable medicines, and wind back access to generic medicines for developing countries.
Smaller nations are in a less powerful position to exclude such intellectual property and pharmaceutical proposals from their agreements in the face of relentless lobbying by the US Trade Representative. Australia should take the lead in resisting these proposals.
The public health measures we are seeking to protect are testament to the success of the innovative approaches used in Australian and to the innovation that the generic medications industry has led in responding to the HIV treatment crisis since 2001. In Australia, the management of spiralling drug prices has been achieved principally through the judicious use of the PBS negotiating process.
These measures are also part of key public health objectives of your Government, including the 6th National Strategy on HIV.
The UN Political Declaration of the High-level Meeting on the Prevention and Control of Non- communicable Diseases also committed governments to increase “access to affordable, safe, effective and quality medicines and diagnostics and other technologies, including through the full use of trade-related aspects of intellectual property rights (TRIPS) flexibilities” (Clause 45p).
Rejecting the US proposals for intellectual property and pharmaceuticals in the TPPA would be consistent with Australia’s policy commitments in the 2011 Trade Policy Statement, and with recommendations of the Productivity Commission Report on Bilateral and Regional Trade Agreements.
It is also in Australia’s national interest to protect access to affordable generic medicines in developing countries, particularly in the Asia Pacific region where Australia is a major provider of official development assistance. Australia’s previous trade agreements with ASEAN and other Asia-Pacific trading partners have been consistent with this. Rejecting the application of US TPPA proposals for all TPPA countries would be consistent with Australian global health and development priorities, including our support of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, which is heavily reliant on the use of generic medicines.
We seek your assurance that the Australian negotiating position for the Trans Pacific Partnership Agreement will ensure access to affordable medicines not only in Australia, but also in the developing country parties to the agreement.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外情報】安価な医薬品へのアクセス確保を!──国際団体がギラード豪州首相へTPP書簡提出 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる