「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外情報】ISD条項とは一体どういうものか?─海外企業が政府を訴えた事例を一挙公開<後編>

<<   作成日時 : 2012/02/10 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ISDS(Investor State Dispute System)」は一体どういうものか。オ−ストラリアの労働団体Australian Council of Trade Unionは、外国で発生した事例一覧をTPPメルボルン全体会合向けに作成し、関係閣僚宛てに配布しました。重要な文書と判断し、前編に引き続き翻訳ボランティアチ−ムが翻訳をし、掲載します。(翻訳担当:大谷一平・近藤康男)

☆ ★ ☆


■住宅供給問題、ホームレス問題、危機管理(Housing, homelessness, emergency management)

公共サービスが公的に提供されつつ同時に民営化が進む中での仲裁請求によるリスクが次の2つの事例に示されている。2000年に米国の企業であるUnited Parcel Services社は、カナダ郵便の小包配達サービスが、大規模な公的郵便事業の一部であるために不当に政府により助成されているという訴えを起こした。USP社は損害賠償として1億6千万米ドルを請求。訴えは通らなかったが数年間にわたる仲裁費用はカナダ政府にとり相当な負担となった。同様に2008年、ある合衆国市民により所有されているCenturion Healthという企業は北米自由貿易協定に基づき、カナダ保健法を理由にカナダ政府を相手に訴えを起こした。バンクーバーに民間の医療施設を建てるCenturion Health社の計画が実現されなかったことが理由である。原告側によるとバンクーバーに民間の医療施設を開設するという計画が連邦、州、及び市のレベルの様々な措置により妨害されたと主張。

two cases demonstrate the risk of arbitration claims when public services are both publicly provided while there is also an increasing privatisation. In 2000, United Parcel Services – a US company – claimed that Canada Post’s parcel delivery service was unfairly subsidised because it was part of the larger public postal service. USP sought US$160 million in damages. Although the claimant was unsuccessful, several years of arbitration were at a significant cost to the Canadian government. Similarly in 2008, Centurion Health – a company owned by a US national – initiated a claim against Canada under NAFTA challenging the Canada Health Act. Centurion Health’s plans to open a private health care facility in Vancouver fell through. The claimant argued that its plans to open a private health care facility in Vancouver were blocked by measures at federal, provincial and municipal levels.

■農業、水産業、林業、クイーンズランド水害復興(Agriculture, Fisheries, Forestry, Queensland Flood Recovery)

2009年に(化学会社である)Chemtura Corporation社により起こされた訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。カナダ政府が健康および環境への影響を理由に(農業用殺虫剤である)リンデンを禁止したことについて、原告側は北米自由貿易協定の投資条項に基づき訴えを起こした。Chemtura側は、禁止措置の導入はにより、不公平で差別的かつ標的にされたとも言うべき扱いを受けたと主張。
裁判所は新しく設けられた規制とそれを導入する際の手続きは正当であるという判決を下し、訴えを棄却して原告側が訴訟費用をすべて負担するように命じた。しかしながら多くの点において、この判決は懸念をいだかせるものとなっている。まず裁判所は、政府による正当な規制措置に従うべきであるというカナダ政府側が提示した主張を退けている。次に裁判所は、リンデンが既に他の多数の国において禁止されていることに言及している。健康・環境上の理由でカナダがその農薬の規制に動いた最初の国であった場合に、同じような判決が下されたかは不明である。

a case initiated by Chemtura Corporation (a chemical company) in 2009 demonstrates the risks of ISDS. The claimant sued the Canadian Government under the NAFTA Investment Chapter after the Canadian Government introduced a ban on lindane (an agricultural pesticide) on health and environmental grounds. Chemtura argued it had suffered unfair, discriminatory and appropriative treatment as a result of the regulation.
The tribunal concluded that the new regulation and the process for introducing the regulation was fair, dismissed the case and ordered that the claimant cover all legal costs. However the decision of the tribunal is of concern for a number of reasons. First, the tribunal rejected the submission by Canada that tribunals should defer to good faith regulatory measures of governments. Second, the tribunal noted that lindane was banned in many other countries. It is unclear whether the outcome had been the same if Canada was a regulatory first-mover in limiting the pesticide on health and environmental grounds.


■資源、エネルギー、観光(Resources, Energy, Tourism)

石炭火力発電所をハンブルクにて建設中であった、スウェーデンのエネルギー会社Vattenfall社により2009年に起こされた訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。発電所によるエルベ川の水質への影響を抑えるために策定された環境規制が導入された結果生じたとして、原告側はドイツ政府を相手取り損害賠償金約14億ユーロの支払いを求めた。Vattenfall側は、規制が原因で発電所は、実用性が無く、採算の合わないものとなってしまったと主張。他方ドイツ政府側は、規制条件はヨーロッパの法律で求められているものであり、エルベ川沿いの全ての産業に適用される規制と一致するものであると主張した。紛争は協定の締結により解決され、そこには、水利用許可を見直すという同意と訴訟の費用を分担するという取り決めも含まれた。
このケースは、訴訟の危険性が政策や規制立案者側に対して与える強い影響を示すものである。2011年の11月に、Vattenfall社は(福島での原発大惨事を受け)ドイツ政府が下した原子力発電の段階的廃止を行うという決定に対し、政府に損害賠償を求める訴えを起こす予定であるとの声明を発表している。

a case initiated in 2009 by Vattenfall – a Swedish energy utility company – building a coal-fired power plant in Hamburg – demonstrates the risks of ISDS. The claimant sought approximately 1.4 billion euro in damages from the German Government after environmental regulations designed to reduce the power plant’s impact on the quality of water in the Elbe River were introduced. On the one hand, Vattenfall argued that the regulations made the plant impractical and uneconomical. On the other hand, Germany argued that the conditions stipulated were necessary under European law and are consistent with the restrictions applying to all industry along the Elbe River. The dispute was settled by agreement; and included agreement to revise the water permit and share the cost of proceedings.

The case demonstrates the powerful influence that the threat of litigation can have on policy and regulatory decision-makers. In November 2011, Vattenfall announced it would initiate a new dispute seeking damages from the German Government after the decision to phase out nuclear power (following the Fukushima disaster).


■気候変動、省エネ、産業革新(Climate Change, Energy Efficiency, Industry, Innovation )

ある投資家集団により2005年に起こされた訴訟はISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。原告側の主張によると、それまでは投資家も対象であった地域開発に対する奨励施策を変更・中止することにより、ルーマニア政府はスウェーデン・ルーマニア間の投資協定に違反したということであった。地域開発支援策は当初、生産が単一産業に集中しており、鉱山業再編の影響を被った地域を支援するために導入されたものであった。地域開発支援策の変更はEU加盟のために必要な様々な措置の一部であった。更にルーマニア政府側は、7年間の投資期間を通して様々な奨励施策が変更されないまま継続されることを期待するのは実情にそぐわない、という主張をした。仲裁は現在も継続中である。この訴訟は、政策の進展がいかに外国企業から投資家という立場での訴えを引き起こすものになりうるか、ということを示している。

a case initiated in 2005 by a group of investors demonstrates the risks of ISDS. The claimants argued that Romania breached a Sweden-Romania investment treaty when regional development incentives previously extended to investors were altered and/or terminated. The regional development assistance was initially introduced to support regions where production focused on a single industry and were affected by restructuring in the mining industry. The changes to the regional development assistance were part of a number of steps to prepare for accession to the European Union. Furthermore, Romania argued that it was unreasonable for the investor to expect that various incentives would remain unaltered throughout the lifetime of a seven year investment. The arbitration is ongoing. The case demonstrates how evolutions in policy can trigger investor claims by foreign corporations.

■雇用と職場環境(Employment and Workplace Relations)

アルゼンチンにて民営の労働災害保険制度を運営するアメリカ合衆国の保険会社であるContinental Casualty社が2003年に起こした訴訟はISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。原告側によると、アルゼンチン政府により2001‐2002年の財政危機への対応としてとられた(例えば財産の国外移転の制限、通貨の切下げ、そして国債の債務返済繰り延べの)対策が経済的な損害の原因となったということであった。Continental Casualty側は、それらの対策はアメリカ合衆国・アルゼンチン間の2国間投資協定に違反するものであると主張した。他方アルゼンチン政府側は、それらの対策は財政危機に対応し、被害を軽減するために必要であったため条約の適用からは除外されていると主張した。裁判の結果、対策の大半は免責条項により正当化されるという結論が出された。しかし、補償としてContinental Casualty側へ280万米ドル(及び付帯する利息)の支払いが認められた。

a case initiated in 2003 by Continental Casualty – an US insurance company administering a privatized workers’ compensation insurance scheme in Argentina – demonstrates the risks of ISDS. The claimant argued that measures (e.g. restrictions on transfers out of the country, devaluation of the national currency, and a national debt re-scheduling) introduced by the Argentinian government in response to the 2001-02 financial crisis caused economic loss. On the one hand, Continental Casualty argued that the measures violated a US-Argentina bilateral investment treaty. On the other hand, the Argentinian Government argued that the measures were necessary to mitigate and respond to the financial crisis, and were therefore exempted from the treaty. The tribunal found that most of the measures were justified under the exceptions clause. However, $US2.8 million (plus interest) was awarded as compensation to Continental Casualty.

■メンタルヘルス、高齢化社会、社会参加(Mental health, ageing, social inclusion)

カナダの製薬会社であるApotex社により2008年に起こされた訴訟はISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。原告は、Pfizer社製の抗うつ剤のジェネリック版の製造権が合衆国の裁判制度により明確かつ速やかな形で与えられず、米国政府は北米自由貿易協定の投資条項に違反したと主張した。特許を整理し、最終的なFDA(米国食品医薬品局)による承認が下されるころにはApotex社製品に先駆けて他社のジェネリック版薬品が既に市場に投入されてしまっていた。Apotex社によるとこの際下された判断は米国の法律の誤用であり、損害賠償として800万米ドルを請求した。この訴訟は現在も係争中である。

a case initiated in 2008 by Apotex – a Canadian pharmaceutical corporation – demonstrates the risks of ISDS. The claimant argued that the US Government violated the NAFTA investment chapter after it was not clearly and in timely fashion granted the right to manufacture a generic version of a Pfizer manufactured anti-depressant medication by the US court system. During the time taken to clarify the patent and seek final FDA approval, other generics entered the market in advance of the Apotex product. Apotex argued that the decisions were a misapplication of US law, and demanded $8 million in compensation. The case is ongoing.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外情報】ISD条項とは一体どういうものか?─海外企業が政府を訴えた事例を一挙公開<後編>  「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる