「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外情報】ISD条項とは一体どういうものか?─海外企業が政府を訴えた事例を一挙公開<前編>

<<   作成日時 : 2012/02/09 15:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ISDS(Investor State Dispute System)」は一体どういうものか。オ−ストラリアの労働団体Australian Council of Trade Unionは、外国で発生した事例一覧をTPPメルボルン全体会合向けに作成し、関係閣僚宛てに配布しました。重要な文書と判断し、翻訳ボランティアチ−ムで翻訳をし、掲載します。(翻訳担当:大谷一平・近藤康男)

☆ ★ ☆


■高等教育、技能、科学および研究(Tertiary Education, Skills, Science and Research)

公共サービスが公的に提供されつつ同時に民営化が進む中での仲裁請求によるリスクが次の2つの事例に示されている。2000年に米国の企業である「United Parcel Services社」は、カナダ郵便の小包配達サービスが、大規模な公的郵便事業の一部であるために不当に政府により助成されているという訴えを起こした。USP社は損害賠償として1億6千万米ドルを請求。訴えは通らなかったが数年間にわたる仲裁費用はカナダ政府にとり相当な負担となった。同様に2008年、ある合衆国市民により所有されているCenturion Healthという企業は北米自由貿易協定に基づき、カナダ保健法を理由にカナダ政府を相手に訴えを起こした。バンクーバーに民間の医療施設を建てるCenturion Health社の計画が実現されなかったことが理由である。原告側によるとバンクーバーに民間の医療施設を開設するという計画が連邦、州、及び市のレベルの様々な措置により妨害されたと主張。

two cases demonstrate the risk of arbitration claims when public services are both publicly provided while there is also an increasing privatisation. In 2000, United Parcel Services – a US company – claimed that Canada Post’s parcel delivery service was unfairly subsidised because it was part of the larger public postal service. USP sought US$160 million in damages. Although the claimant was unsuccessful, several years of arbitration were at a significant cost to the Canadian government. Similarly in 2008, Centurion Health – a company owned by a US national – initiated a claim against Canada under NAFTA challenging the Canada Health Act. Centurion Health’s plans to open a private health care facility in Vancouver fell through. The claimant argued that its plans to open a private health care facility in Vancouver were blocked by measures at federal, provincial and municipal levels.

■ブロードバンド、通信およびデジタル経済(Broadband, Communications and Digital Economy)

2000年に‐チェコに子会社を有するオランダの企業である‐CME社が別の民間企業との放送業務契約を打ち切られた後にチェコ共和国政府に対し起こした訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示している。
要約すると、1993年に(メディアの規制当局である)チェコメディア審議会は、チェコ初の民営テレビ局であるCET21社に放送開始の免許を与えた。CME社のチェコでの子会社は‐営業面、技術面や管理その他の業務における‐運営上のサ−ビスをCET21側に提供することになった。契約決めのでは番組制作の権限と編集権はCET21側にあった。この権限の分割は、外国にコントロールされたテレビ局に対する市民の反感を考慮してのことであった。
CME社のチェコの子会社とCET21社の両方を指揮したZelenzy氏の下、テレビ局は非常な成功を納めた。1996年になるとメディア審議会はこれら2社の再編を促し、その結果変化はあったものの、CME社の子会社によるCET21側への独占的な放送業務サービスの提供は続いた。しかし1999年になるとCET21側においてサービス提供の契約を打ち切る決定がなされた。
CMEはメディア審議会による多くの介入がCET21社とのサービス提供契約の打ち切りにつながったと主張。裁判の結果、チェコ共和国がオランダ・チェコ共和国間の投資協定に違反したという判決が下され、損害賠償として約2億7千万米ドル(及び付帯する利息)の支払いが命じられた。

a 2000 dispute brought against the Czech Republic by CME – a Dutch company with a Czech subsidiary – after losing a broadcasting services contract with another private company demonstrate the risks of ISDS.
In summary, in 1993, the Czech Media Council (the media regulatory authority) granted a licence for the first privately owned Czech TV station (CET21) to begin broadcasting. CME’s Czech subsidiary provided operating services – commercial, technical, management and other activities – to CET21. Under the contract, CET21 held all programing and editorial power. This division of responsibility was due to public opposition to foreign controlled TV channels.
The TV station became very successful under the leadership of Zelenzy, who headed both entities: the CME Czech subsidiary and CET21. In 1996, the Media Council began pressuring for the reorganisation of the relationship between the two entities; this resulted in changes but CME’s subsidiary continued to provide its exclusive broadcasting services to CET21. In 1999, however, a decision was taken by CET21 to terminate the services agreement.
CME argued that a number of actions taken by the Media Council precipitated the termination of the services agreement with CET21. The tribunal found that the Czech Republic had violated a Netherlands-Czech Republic investment treaty, and awarded approximately US$270 million (plus interest) in damages.


■地域的規制、地域開発、地方自治、美術 Regional Aust, Regional Development, Local Government, Arts

(カナダの鉱業会社である)Glamis Gold Limited社により2003年に起こされた訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。原告によると、米連邦政府およびカリフォルニア州により導入された、より厳しい文化・環境面に関する規制により、プロジェクトが実効性のないものとなってしまったということである。規制導入後、鉱業会社は露天採掘坑を埋め戻し、土地を利用可能な状態に戻し、そしてアメリカ先住民の聖地の近隣にある採掘坑を均すことを義務付けられた。Glamis Gold社は資産を没収された訳でも、開発が出来なくなった訳でもなかった。しかしGlamis社は損害賠償として5千万米ドルを要求した。裁判所は請求を棄却したが、6年間にもわたる法廷闘争となり、政府側は仲裁費用の3分の1を支払うことになった。

a dispute initiated in 2003 by Glamis Gold Limited (a Canadian-based mining company) demonstrates the risks of ISDS. The claimant argued that the US Federal and Californian Governments introduced more stringent cultural and environmental regulatory restrictions that rendered the project unviable. The governments now required the mining company to backfill the open-pit mine, restore the land to a usable condition and grade the mine in the vicinity of Native American sacred sites. It did not dispossess Glamis Gold of the property or preclude the development. Glamis sought US$50 million in damages. Although the tribunal rejected the claim, it was a six year legal battle, and the Government was required to pay one-third of the total arbitration costs.

■移民と市民権(Immigration and Citizenship)

ドイツの企業であるシーメンス社により起こされた訴訟はISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。1996年にシーメンス社は、アルゼンチン政府の入国管理、個人識別及び選挙情報技術システムに関連するサービスを請け負うためにアルゼンチンに子会社を設立。アルゼンチン政府は差し迫った財政危機に対応するため、公共セクターの契約を見直す権限を大統領に与える新法を2000年に承認した。これにはシーメンス社の契約も含まれていたが、同社はこのことに関しては反対を唱えなかった。同時期、シーメンス社と政府側はサービスの提供の際に生じたいくつかの問題に対応するためサービス提供契約を見直している最中であった。2001年にシーメンス社に‐2000年に成立した新法に沿った‐新しい契約が提示された。しかしながらその契約内容は、同時期に行われていた交渉との一貫性があるものでは無かった。シーメンス社はその提示された契約内容を拒否し、その結果契約は打ち切られた。
そして、この件に関しシーメンス社は仲裁手続きを開始。裁判所の判決は、アルゼンチン政府側がドイツ・アルゼンチン間の投資協定に規定されている義務に違反したという結果となった。アルゼンチン政府は補償及びその他の損害賠償として約2億3700万米ドルの支払いを命じられた。

a case initiated by Siemans – a Germany company – demonstrates the risks of ISDS. In 1996, Siemens established an Argentinian subsidiary in order to undertake services related to immigration control, personal identification and electoral information technology systems for the Argentinian government. Responding to an impending financial crisis, the Argentine Government approved a new law in 2000 which empowered the President to renegotiate public sector contracts. This included the Siemen’s contract; the company did not oppose it inclusion. Concurrently, Siemens and the Government were renegotiating the services contract after a number of difficulties had been experienced in the delivery of the services. In 2001, Siemens was issued a new contract – as allowed under the 2000 law. However, the contract was inconsistent with the negotiations concurrently taking place. Siemens did not agree to the contract, as a result the contract was terminated.
In response, Siemens initiated arbitration proceedings. The tribunal found that Argentina had breached its obligations under the Germany-Argentina investment treaty. Argentina was ordered to pay approximately US$237 million in compensation and other damages.


■インフラと運輸(Infrastructure and Transport)

2004年にエジプト政府に対して取られたベルギーの2社による仲裁の請求は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。Jan de Nul N.V.社とDredging International社の2つの浚渫を行う企業は、エジプト政府が、スエズ運河の一部を浚渫するプロジェクトの規模を偽っていたと訴えた。10年間にわたり国内の裁判所にて補償を求めようと試みた後、原告側はベルギー・エジプト間の投資協定に基づき仲裁を申し立てた。仲裁の結果エジプト側は条約に違反していないとの結論が出されたが、エジプト政府は仲裁費用の半分を支払うことになった。

a request for arbitration initiated by two Belgium companies against the Egyptian government beginning in 2004 demonstrates the risks of ISDS. Two dredging companies – Jan de Nul N.V. and Dredging International –claimed that the Egyptian government misrepresented the size of a project to dredge a section of the Suez Canal. After attempting to seek redress in the domestic courts for ten years, the claimants filed for arbitration under the Belgium-Egypt investment treaty. Although the tribunal determined that Egypt had not violated the treaty, the Egyptian government was required to pay half of the arbitration costs.

■家族政策、地域サ−ビス及び先住民政策、障害者政策の改革(Families, Community Services and Indigenous Affairs, Disability reform)

アメリカ合衆国に本拠地を持つ資源開発の大企業であるBurlington Resources社により起こされた訴訟はISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。2008年に原告は、エクアドル政府が自社の投資をアメリカ合衆国・エクアドル間の投資協定に基づいて保護することを怠ったと主張。これは計画されていた探査活動を現地の先住民による反対により阻まれたことに対する対応であった。現在も係争中である。この件は、先住民の土地所有者と投資家それぞれの権利と、それらに対する政府の責任に関して重大な問題を投げかけるものである。同様の訴訟がChevron社からエクアドル政府に対して起こされている。

a case initiated by Burlington Resources – a large US-based resource company – demonstrates the risk of ISDS. In 2008, the claimant argued that under a US-Ecuador investment treaty the Ecuadorian Government had failed to protect its investment. This was in response to local Indigenous opposition that prevented the company from carrying out its planed exploration activities. The case is ongoing. It continues to raise major questions about the rights of Indigenous landowners and investors, and the responsibility of Government to each. Similar law suits have been initiated against the Ecuador Government by Chevron.

■持続性、環境、水質、人口問題(Sustainability, Environment, Water, Population)

(セメント事業の投資家である)ClaytonおよびBilcon両家により2010年に起こされた訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。環境アセスメントの結果カナダ政府が、ノバスコシア州の南西沿岸に提案していた玄武岩の採石場建設の中止を決定したことに対して、Clayton、Bilconの両家は損害賠償として1億米ドルの支払いを求めた。その環境アセスメントは、UNESCOに認定された生物圏保護区であり、多数の絶滅危惧種及びその懸念のある生物の生息地であるファンディ湾への影響を量る目的で行われたものであった。
カナダの裁判所においてその決定の見直しを求める代わりに、投資家達は北米自由貿易協定の投資章条項を基に損害賠償を求めた。この件は現在も係争中である。分析によればこの訴えが聞き入れられる見込みは低いものの、その際にもカナダ政府は相当の法廷費用の負担を被るはずである。

a case initiated by Clayton and Bilcon families (investors in the cement industry) in 2010 demonstrates the risks of ISDS. Clayton and Bilcon sought over $100 million in damages from the Canadian Government after an environmental assessment led to the rejection of a proposed basalt quarry on the southwest coast of Nova Scotia. The environmental assessment was conducted to determine the impact on the Bay of Fundy, a UNESCO-recognised Biosphere reserve which is the habitat of a number of endangered species and species of concern.
Instead of seeking a review of the decision in Canadian courts, the investors claimed damages under the NAFTA Investment Chapter. The case is pending. Analysis suggests that the claim is unlikely to succeed. However, the Canadian government will still incur significant legal costs.


■財政と規制緩和(Finance and Deregulation)

アルゼンチンにて民営の労働災害保険制度を運営するアメリカ合衆国の保険会社であるContinental Casualty社が2003年に起こした訴訟は、ISDS(投資家対国家間紛争処理システム)のリスクを示すものである。原告側によると、アルゼンチン政府により2001‐2002年の財政危機への対応としてとられた対策が、経済的な損害の原因となったということであった。導入されたそれらの対策には財産の国外移転制限、通貨の切下げ、そして国債の債務返済繰り延べが含まれていた。
Continental Casualty側は、それらの対策はアメリカ合衆国・アルゼンチン間の2国間投資協定に違反するものであると主張した。他方、アルゼンチン政府側はそれらの対策は財政危機に対応し被害を軽減するために必要であったもので、条約の適用からは除外されると主張した。
裁判の結果、対策の大半は免責条項により正当化されているという結論が出され、補償としてContinental Casualty側へ280万米ドル(及び付帯する利息)のみの支払いが認められた。しかしこの件は、投資協定に規定された義務により、国家的な経済危機に直面した場合の政策の選択肢が限定されることを示している。

a case initiated by Continental Casualty – an US insurance company administer a privatized workers’ compensation insurance scheme in Argentina – in 2003 demonstrates the risks of ISDS. The claimant argued that measures introduced by the Argentinian government in response to the 2001-02 financial crisis caused economic loss. Measures introduced included restrictions on transfers out of the country, devaluation of the national currency, and a national debt re-scheduling.
Continental Casualty argued that the measures violated a US-Argentina bilateral investment treaty. The Argentinian Government argued that the measures were necessary to mitigate and respond to the financial crisis, and were therefore exempted from the US-Argentina bilateral investment treaty.
The tribunal found that most of the measures were justified under the exceptions clause, and only $US2.8 million (plus interest) was awarded in compensation. However the case demonstrates the restriction on policy options when facing a national economic crisis as a result of investment treaty obligations.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外情報】ISD条項とは一体どういうものか?─海外企業が政府を訴えた事例を一挙公開<前編> 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる