「TPPに反対する人々の運動」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ホワイトハウス情報】日本とのTPP交渉は、(既存参加国による)TPPと並行して

<<   作成日時 : 2012/01/10 12:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月4日付の“ネルソン・レポート”を「翻訳ボランティア」が要約、翻訳しました。

☆ ☆ ☆


1月4日付“The Nelson Report” によれば、アメリカ国家安全保障問題の副アドバイザーであるマイク・フローマン(Mike Froman)は、今朝の米戦略国際問題研究所(CSIS)での討論会において以下のようにTPP交渉について言及した。

(1)「日本など新規3ヶ国に合わせて交渉をスローダウンさせることはない、あくまで並行して進める」。WTOドーハラウンド交渉の失敗をふまえて、これまでと同じやり方ではうまくいかないだろう。「新しいアプローチ」の必要性を強調。

(2)ホワイトハウスの民主党議員たちは、コロンビアとのFTAにおける労働条項と同様の内容をTPPのどの交渉においても獲得すると言明。オバマ政権は現在議会・労組を含む様々な利害関係者と協議を開始し、TPP交渉は「広範なアプローチ」をとると指摘している。交渉の内容には、労組と労働者に関わる重要な問題も含まれる。またアメリカの製造業にとっての脅威となっている中国の国営企業にどう対処するかという課題も含むものである。

(3)TPP交渉のスケジュールで大切なのは、満足できるものを獲得することであり、今年中という期限に合わせることではない。より望ましい内容を獲得することであり、ド−ハラウンドのように頓挫させることではない。

(4)中国が頭に来ているようだが、TPPは、招待されるようなものではなく、自ら望んで参加するものである。しかしアメリカの目的は、中国の影響力を減じることにあるのではなく、多くの国が受け入れられるような、市場に基づく国際貿易体制を発展させることにあるのだ。

中国封じ込めはTPPの目的ではない。そんなものは、有効でもないし勧められるものでもない。TPPはアメリカがアジア太平洋の国であるという事実の反映に過ぎない。オバマ政権の安全保障戦略の要は、G20に見られるように中国など新興勢力を認め責任を求めるところにあるのだ。(以下略)

(翻訳者:安藤丈将・近藤康男)

☆ ☆ 以下、原文 ☆ ☆


WHITE HOUSE: JAPAN-TPP IS PARALLEL TO TPP...

Last and absolutely not least tonight...terrific discussion of TPP this morning at CSIS, featuring formal remarks with Q&A by Deputy National Security Advisor Mike Froman, and commentary from former Obama WH, now returned to State Asia expert Matt Goodman, and former W. Bush USTR Sue Schwab.

Takeaway Froman headlines: Froman says TPP negotiations will proceed with the current membership and concurrently, but in parallel, with Japan, Canada and Mexico...but "we are not going to slow down the process to accommodate Japan" or any other country;

The Doha Round obviously has failed, but its issues remain critical to US interests, so the Administration will continue to pursue "new approaches...the past 10 years have demonstrated we aren't going to achieve our objectives with the path we were on"...note the past tense;

House Dems have declared they will fight for Colombia-style Labor provisions in any TPP deal submitted to Congress, and the Administration is working right now with stakeholders, including the manufacturing unions, Cap Hill, et al to point out that TPP is a "broad based approach" that covers many issues critical to Labor and workers, including how to deal with China's SOE's which are a clear threat to US manufacturing;

TPP timeline issues...the point is to get a really good agreement, not to meet a deadline of this year, however desirable to get the deal done, and not see TPP stagnate into a Doha-type failure;

If China is allegedly upset at not being included in TPP, "TPP is not something to be invited to, but to aspire to!" TPP "is not aimed at China", the US goal isn't to reduce China's role (as Beijing seems to feel) but "to develop an international trade regime with market standards acceptable to as many states as possible";

TPP is "not aimed at containing China, that's neither feasible nor advisable, rather it reflects the fact that the US is an Asian and Pacific nation. A core element of Obama national security strategy is recognition of the emergence of China, see the G-20 designation as the premier forum to manage global issues, and with a voice comes responsibilities" see Copenhagen, for example...

In the discussion following Froman's departure, Amb. Schwab, now, we respectfully submit, approaching a youthful national treasure status as an observer and commentator on trade policy and politics, challenged the Administration on whether it's believable Obama is willing to expend political capital in an election year, if his party is going to push hard-line Labor and other issues.

「The Nelson report(Samuels International Associates, Inc)」より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ホワイトハウス情報】日本とのTPP交渉は、(既存参加国による)TPPと並行して 「TPPに反対する人々の運動」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる